ジャンル:FOOD

カフェ手紙舎

【カフェ手紙舎プロフィール】
調布市のレトロな団地の一角から始まったカフェ手紙舎。ボリュームたっぷりのご飯、新しい季節が待ち遠しくなるような旬の果物を使ったデザート、個展に合わせた特別メニュー、どのお料理も全ていちから手作りしています。食べてくれた方が、思わず笑みをこぼしてくれるような、そんな瞬間を提供できるよう、心もお腹もいっぱいになる一品をご提供します。

【月刊 カフェ手紙舎 7月号】
特集「カフェ手紙舎をマスターしよう!」

つつじヶ丘本店がオープンしてから9年、私たちにはたくさんの仲間ができました。そこで第1回目は改めてその仲間たちをご紹介しようと思います。どんな料理を作り、どんな思いが込めらた場所なのか。どうぞご覧ください。

つつじヶ丘本店

昭和40年に建てられたレトロな集合住宅の大きな広場の片隅に、手紙舎本店はあります。キッシュやマフィンサレなどの軽食、季節を感じられる焼き菓子がずらりと並んでいます。大きなヒマラヤ杉がそよぎ、子供たちの楽しそうな声が響く、古書に囲まれた店内で、ゆったりとした時間をお過ごしください。

手紙舎2ndSTORY

GOOD PRINT(紙ものとテキスタイル)、GOOD CRAFT(手仕事による暮らしの道具)、GOOD FOOD(かわいくておいしい食料品)と、3つの“GOODS”をふんだんに取り揃えた、雑貨と食事のお店です。爽やかな日差しが入る店内でボリュームのあるランチ、季節の果物を使ったデザートをお召し上がりいただけます。ディナータイムは、ささやかな照明の光と落ち着いた空間で、種類豊富なメニューをお召し上がりいただけます。ご家族やご友人とわいわい過ごす時間を、お一人でゆったりとした時間を、様々なシーンで楽しんでいただけるお店です。

本とコーヒー tegamisha

手紙社のスタッフがセレクトした本が並ぶ書店の奥に、珈琲の香りに包まれた小さなカフェスペースがあります。珈琲豆の種類が豊富に揃っており、そのどれもが珈琲マスター・セキネが心を込めて焙煎したものです。お食事ではオープンサンドやキーマナポリタンなどボリューミーなものから、マフィンやパウンドケーキなどの焼き菓子もご用意しています。珈琲を片手にお話やお食事を楽しんでいただけるお店です。

菜花

2017年7月に新しくオープンした菜花(なばな)。季節の食材をふんだんに使った料理を小さく美しい豆皿たちに盛り付けた定食が自慢です。食事スペースの横には実際に使用している器や調味料などを販売しているスペースもあります。ゆっくりと流れる時の中で、大切なご家族やご友人とお食事を楽しみがながら語り合う場所にしたい、そんな思いが込められたお店です。

《次号予告》
メニュー大発表!