ジャンル:CRAFT,出店者紹介

小谷田潤

【小谷田潤プロフィール】
1978年東京生まれ。立命館大学卒業後に信楽と常滑で陶芸を学び2004年八王子にムササビ窯を築窯。もみじ市には初開催時からの皆勤賞ながら、毎回新しいことに挑戦し続けてくれています。常に悩みながら探求していく姿は、名のある作家となった現在でも変わりません。今年4月に手紙舎 2nd STORYで開催した個展では、これまでのもみじ市に決着をつけるという壮大な試みをやってのけました。私(担当:小池)にとってのミスターもみじ市。共に応援している埼玉の某野球チームは今年絶好調! もみじ市後の日本シリーズ出場を願って止みません。
http://www11.plala.or.jp/koyata/index.html


『月刊 小谷田潤』記事一覧

7月号「旅をして発見しよう!」
8月号「北海道で発見!?」
9月号「京都で発見!?」


【月刊 小谷田潤 7月号】
特集「旅をして発見しよう!」

旅へのプロローグ

4年に1度の手紙舎での個展を終えた小谷田潤は、半ば燃え尽きていた(本当は次の展示に向けてひたすら制作していた)。よりによって、過去のもみじ市を清算するような個展だった。さて、次はどうしたものか。4月に圧倒的な強さを見せた好調ライオンズも4月の貯金をみるみる吐き出しはじめた。さて、後半戦はどうしたものか。そんな中、今年のもみじ市のテーマが知らされる……「DISCOVERY」。

2018年4月、小谷田潤個展「二度の器」より

「DESTINY(=運命)」ならば、なるようになるしかないが、「DISCOVERY(=発見)」とくれば自らの意志と行動が物を言う。“課題”に熱くなる男、小谷田潤ならば、きっと静かな闘志を燃やしているいるに違いない。そう思っていた矢先、彼の使者(あるいはご子息)から、ビデオメッセージが届けられた。


 

使者・YO-kunが父親作の角マグをを紹介し始めたと思いきや、突然の“旅”宣言。さすが、“課題”に立ち向かう男である。噂では、すでに旅の仲間も集まっているという。小谷田潤が、特異な視点を持つ仲間たちと挑む発見への旅。何も起こらないはずがないではないか! 上げたハードルは決して下げない(下をくぐることはあるかもしれない)、『月刊 小谷田潤』。次号、いよいよ始まる旅の本編を乞うご期待!

今月の器紹介

よう君が動画で紹介していた「角マグ」は、小谷田さんの原点的な作品。そのフォルムの美しさと飲み心地から、“マグカップのストラディバリ”と私は勝手に呼んでいる。

(編集・小池伊欧里)

《次号予告》
北海道で発見!?


【月刊 小谷田潤 8月号】
特集「北海道で発見!?」

道東での出来事

先月の「旅宣言」以来、姿をくらました小谷田潤。「写真家と一緒に釧路にいた」「イラストレーターと一緒にクマを見ていた」など、場所が特定できそうな噂もちらほら。一体誰と、どこを彷徨っているのだろうか。飽くなき探求を続けてきた陶芸家。彼を掻き立たせるものは何なのだろうか。

そんな矢先、小谷田氏から唐突にビデオレターが送られてきた。


 

北海道! 発見への旅、第一弾。どうやら舞台は道東だったようだ。さすがに特異な視点である。小谷田のファインダーを通すと、どことなく異国的な香りが立ち上るのが不思議だ。そして、レターにはこんな文字が添えられていた「スモーキーブルー」。……この旅で、新しい色を手に入れたようだ。

今月の器紹介

北海道といえば、ニセコで開催していた「森のカフェフェス」に合わせて制作した『くま皿』を思い浮かべる。皿になるべくしてなったかのようなクマの造形と、青のしっとりとした深さが魅力的。イラスト皿シリーズでは、野球帽をかぶった『いぬ皿』も忘れてはいけない。今年は新しい球団が増えるのだろうか。野球ファンもぜひご注目を!

(編集・小池伊欧里)

《次号予告》
京都で発見!?


【月刊 小谷田潤 9月号】
特集「京都で発見!?」

コラボで見つかるかもしれない

北海道を後にした小谷田潤が次に現れたのは東京都調布市「手紙舎 2nd STORY」。そこでは、京都の金工作家による展示が開催されていた。京都、奇しくも小谷田潤の個展が次に開催される場所。陶工と金工。彼の中で何かがほとばしった。「そうだ、京都で会おう」そんなキャッチコピーじみた言葉を残し彼は京都へ旅立って行った。

しばらくして、小谷田氏からビデオレターが送られてきた。

どうやら、小谷田氏と金工作家・Ren氏が互いの個展を行き来して、その間で密談が交わされたようだ。コラボレーション!? これは、大事件の匂いがする。

もみじ市コラボ会議@京都

今回のもみじ市コラボ企画に向けて、小谷田さんとRenさんが作戦会議を行った様子を少しご紹介。瓶に花? ビールの泡? 完成した姿が気になって仕方ありません。

(編集・小池伊欧里)