出店者紹介,ジャンル:FOOD

mikumari(13日)

【mikumariプロフィール】
「こんなお店が、この世界に存在しているなんて……!」昨年初めて店舗に訪れた私(担当:富永)は、その世界観に圧倒され、衝撃を受けました。栃木県の田園風景の中にひっそりと佇む「mikumari」。そこには、異国のファンタジー世界に迷い込んだのではと錯覚を起こすほどの、夢のような空間が広がっています。もちろん、そこで味わうメニューはどれも絶品! 店主・高橋尚邦さんが作る地元の野菜の彩り鮮やかな一皿は、作品とも言える美しさです。その年ごとのテーマに沿って、ある時は闘牛士、またある時は航海士の衣装でもみじ市に登場した高橋さん。今年のテーマは“DISCOVERY”ということで、当日どんな姿の高橋さんに出会えるのか、個人的にもとても楽しみにしています。
http://mikumari-homusubi.com


7月号「mikumariに眠る4つの宝物 〜鉱物学者の部屋編〜」
8月号「mikumariに眠る4つの宝物 〜屋根裏部屋編〜」


【月刊 mikumari 7月号】
特集「mikumariに眠る4つの宝物 〜鉱物学者の部屋編〜」

美しい白壁が印象的な外観。「mikumari」は、自宅として建てられた家の一部を改装して誕生しました。その店内には、私たちの想像を超える物語が詰まっているのです。それぞれに違ったシーンを表現した部屋から、もみじ市に届けられる4つの“宝物”を発見。店主・高橋さんのメッセージとともに、あなたもそのストーリーの1ページをめくってみませんか?

●鉱物学者の部屋で発見「鉱石スコーン」

赤い輝石 ルビー(クランベリースコーン)
緑の煌き エメラルド(抹茶ホワイトショコラスコーン)
白い結晶 水晶(塩カラメルスコーン)
黒の魅惑 黒ダイヤ(ラム酒山ぶどうスコーン)

私の祖父は鉱石学者。
そのせいか、私も子どものころから石が好きで、いろいろと集めていた。
祖父の仕事部屋に忍び込み、前々から興味があった鉱石を調べようと、机を探していたら、発見。
これらの隣には祖父の大好きなぶどう酒が。
最近仕事が忙しく、 部屋から出て来ないと思っていたが、まさか家族に内緒で……。
私もこっそり頂きました。もちろんお酒と共に。

by Naokuni Takahashi

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひとたび足を踏み入れれば、誰もが物語の主人公になれる「mikumari」。来月は、一体どんな宝物が見つかるのでしょうか。あなたの心の中の冒険心を思い起こさせてくれるような“DISCOVERY”のストーリーを、どうぞお楽しみに!

(編集・富永琴美)

《次号予告》
「宝石ドリンク」を発見


【月刊 mikumari 8月号】
特集「mikumariに眠る4つの宝物 〜屋根裏部屋編〜」

●天文学者の部屋で発見「星のカケラのレモネード」

鉱石と共に大地と生きてきた祖父に対して、父が天文学者になったのは、必然なのかもしれない。
そんな父は、今では屋根裏部屋を改装して、空ばかり眺めている。
ある時、父の部屋で「星のカケラ」と書かれた宝石を見つけてしまった。
そのことを、父に聞いてみようと思い、屋根裏部屋に向う。
ちょうど、父は大好物のレモネードをもって、部屋に入って行くところだった。
そこで私は見てしまった。
「星のカケラ」をレモネードの中に入れるのを!

もちろん、今度は父に内緒でつくってみるつもりだ。
どんな味で、どんな風味なのか、今からとても楽しみだ。

by Naokuni Takahashi

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
mikumariの店内に広がる世界を目の当たりにすれば、きっと誰もが幼い頃に抱いた夢を思い出すはず。鉱物学者の部屋に、天文学者の屋根裏部屋。ロマン溢れる部屋で見つけられた宝物は、すべてもみじ市の地に集います。こんどは一体どんな部屋が登場するのでしょうか……。物語は、まだまだはじまったばかりです。

(編集・富永琴美)

《次号予告》
「発見、宝さがし弁当」