ジャンル:ILLUST&DESIGN

水縞


【水縞プロフィール】
懐かしさを感じるのに新鮮なデザインで、定番の模様がベースでも目新しい。紙や布を用いた文具&雑貨のデザインを手がけるデザイナー・植木明日子さんと、吉祥寺の文具店「36 Sublo サブロ」の店主・村上幸さんが立ち上げた文房具ブランド「水縞」。ブランド名の由来は、植木さんが好きな水玉と、村上さんが愛する縞々模様から。そして、水玉と縞々のどちらにも共通する“普遍的な模様”のようなブランドになれば、との思いが込められている。紙雑貨やハンコなどの制作だけにとどまらず、それらのアイテムを使った遊び心あふれる提案にも定評あり。使う人の創作意欲をかきたてる、1アイテムで幾通りも楽しめる。そんな「ありそうでなかったモノ」をたくさん作っています。
https://mzsm.jp/

【月刊 水縞 7月号】
特集「決定版 水縞の使い方&楽しみ方」

もみじ市は言わずもがな、東京蚤の市や紙博といった手紙社のイベントに欠かすことのできない存在の文房具ブランド・水縞。ことしで活動12年目。可愛すぎず格好よすぎず。単調すぎず多様すぎず。馴染みのあるモチーフも、水縞の手にかかればなんのその。水玉と縞模様を生かした定番アイテムのほか、毎年発表される新作もユニークなものばかり。余白のあるデザインは、使い方&楽しみ方を増幅し本当に面白い。そこで、ベストセラー4点をピックアップし、使い方&楽しみ方をご紹介していきます。第1回目は、ハンコ 万年カレンダー。持っている人も持っていない人もひと手間、ひとアイデアの参考に。

アイテム名:ハンコ 万年カレンダー
発売時期:2009年9月〜 


ハンコ 万年カレンダーってどんなアイテム?
50×50mmサイズのカレンダーが作れるハンコ。11個あるパーツを組み変えることで、1~12月すべての月のカレンダーが制作できます。このアイテムの優秀なところは、曜日、数字のパーツが全部で11個というところ。曜日で7個、日付けで31個、合計38個のパーツを1個、1個、1個……と組み合わせる必要がない! 「カレンダーのデザイン制作をしている時のこと。ふと、曜日と日付けの一部は組み換えなくていいということに気づいたんです」と話すのは、植木さん。日々の制作で見つけた、ささやかな法則がデザインを組む時以外に活用できないか……と考えていた時に、タイ出張で見つけた台座が凹凸のハンコ。植木さんは「コレだ!」とビビッと感じ商品化へ。今では、国内だけでなく海外でも人気を博すロングセラーハンコになっています。

使い方&楽しみ方のポイント①卓上カレンダー

定番の使い方ですが、インクの色を変えるだけで雰囲気が一転。厚めのカードを使用しマンスリーカレンダー&年間カレンダーに。立てたい場合は、ジャバラにしたり、カードの下部分、中央部を山折り&谷折りにすればOK。

使い方&楽しみ方のポイント②招待状&スケジュール管理

結婚式やパーティーといった招待状の日程案内にも活用できます。手帳をはじめ、トラベラーズノートを使っている人は、旅行のスケジュール管理にも。アルバムや写真整理をする際、撮影した日付けを記すのも◎。食品の賞味期限切れを防止するため、パッケージやタッパーに貼り付けるのもいいかもしれません。

万国共通のカレンダーは、仕事でもプライベートでも利用頻度の高いものです。ハンコになっていることで、何度も使えてたくさん作れる。カレンダーとしてだけでなく、模様・デザインとしてポン、ポン、ポン……とペーパーに押せばオリジナルの包装紙の完成です。一個持っていると役に立つ、頼れるハンコなのです。

(編集・新居鮎美)

《次号予告》
次回ご紹介するのは水縞のし。なんと、すべて手作業という衝撃のアイテムです。日本の贈答品のトレードマークでもある、古典的なイメージののしをハイセンスなものに変えた! といっても過言ではありません。美しすぎて、大切に取って置きたくなりそうですが、使うからこそより楽しさが増すのしです。