ジャンル:CRAFT,出店者紹介,ジャンル:BREAD

rocaとmego

【rocaとmegoプロフィール】
rocaは函館にある小さなパンとおやつのお店。「お店」と言っても店舗は持たず、通販とイベントのみで販売している。時間をかけ、じっくりと低温で発酵することで素材本来の味を引き出す王道のパンと、決して華やかとは言えないけれど、シンプルに真摯につくられた焼き菓子。それらには、飽きずに、毎日でもいただきたい安心のおいしさがある。それは、rocaさんご本人が、材料を足したり引いたりしながら、自分の好みに合うよう何度も試行錯誤を重ねてたどり着いた味だからなのだろう。「子どももお年寄りも、みんなで分けられるようなパンや焼き菓子を届けていきたい」、という言葉から伝わるrocaさんの優しさも、味の奥底にプラスされているのかもしれない。
http://roca.shop-pro.jp/

megoこと牧野潤さんは、函館を拠点に活動する陶芸家。もともと興味を持っていた陶芸を初めて体験し、「本気で取り組んでみよう!」と決めたのが30歳の時。主婦であり母であるという存在は、制作する器にそのまま反映され、普段使いしても大丈夫な器、自分が使いたいもの、かっこいいと思うものを目指して制作を続ける。その結果生まれたのは、土色と黒の2色のみの展開。黒い器は彩の良い野菜の色をさらに引き立たせ、土色の器はどんなお料理を盛ってもさまになる。手にしたときに感じる軽やかさを持ちながら、洗った後に重ねても大丈夫と思える安心感があり、「気づけば食卓にいつも並んでいる」、そんな存在の器。
http://mego33.exblog.jp

【月刊 rocaとmego 8月号】
特集「rocaのおやつを買ってみた」

通販とイベントでしか購入することができないというパンとおやつ。毎月2回、その1ヶ月〜1ヶ月半後に届くセットの予約受付が行われます。セット内容はその時々で変わるので、それもお楽しみ。予約の開始日はメルマガやSNSで発表されるのですが、そのタイミングを逃してしまうと、あっという間に全てsold outに(そんなわけで、その瞬間を逃さないようにするにはメルマガに登録することをオススメします)。

そして、それは6/27のこと。もみじ市のことを考えながらrocaさんのオンラインショップを覗いてみると、、、なんとその日は幸運なことに「7月後半発送分」の受付が発表された日でした。その内容は、「シナモンロールとマフィン」 「8種の菓子箱」 「3ヶ月毎月塩バターの会」 「七月の菓子箱」 「ハードパンとフォカッチャ」 の5種類。どれも内容が豊富で美味しそう。パソコンの画面に向かいながら、あれやこれやと悩むこと数十分。ようやく心が決まり「8種の菓子箱」 を予約することにしました。

それからは、ワクワクと待ち遠しい日々が続きます。手帳の到着予定日の欄に「rocaのおやつの日」と書き込み、それに合わせて予定を組み込みました。希少なおやつを購入できたことに、ちょっとした自慢の気持ちもあって、知人を我が家に招待することと、夏休みにみんなで集まるバーベキューのおやつに持っていくことに決めました。

到着の日。そそくさと家に帰って荷物を受け取ると、もう待ちきれずにすぐさまオープン。次々と出てくるおやつの数々に、ついついほっぺがにやけてしまいます。届いたおやつはこちらの8種。

キャラメルブルーベリーチーズケーキ
木苺バナナマフィン
ミルクティマフィン
イチジクミニパウンド
オレンジレアチーズ
ココナッツチョコレートケイク
抹茶マフィン
キャラメルバナナマフィン

このメニュー表だけ見ても心が躍ります。そして1つ1つを取り出してみると、漂ってくる、おいしそうな気配。それぞれしっかりとしたボリューム感もあり、食べでがありそうです。

その日に真っ先にいただいたのは、「キャラメルブルーベリーチーズケーキ」。口に入れた瞬間に、ふわりと広がるキャラメルの甘い香ばしい味わい。しっかり噛んでいくと、濃厚なクリームチーズに時々甘酸っぱいブルーベリー。チーズケーキ好きにはたまりません。甘いおやつをただくことの、小さな罪悪感を楽しみながら、もう少し、あともう少しと、結局すべて食べつくしてしまいました。

そうしてその他は冷凍庫に保存。とっておきの時にいただくつもりです。そして「冷凍庫にrocaさんのおやつがある」と思うと、いつ食べようかと想像しているだけで、ホクホクとした気持ちになるのでした。

バーベキューの日の贅沢なおやつは、イチジクミニパウンドとココナッツチョコレートケイク。イチジクミニパウンドはシンプルな甘さとストレートな味わいで子どもたちも喜んでいました。ココナッツチョコレートケイクは、チョコレート濃厚さとココナッツの歯ごたえがおいしい。

今回のセットの中で、もっともお楽しみだったのがこちらのオレンジレアチーズ。リッチなチーズに柑橘の酸味が効いていて、贅沢な味わい。バニラアイスを添えて、小さなパフェにして楽しみました。

そうして1つ1つを大事にいただくことおよそ3週間。最後の木苺バナナマフィンを名残惜しく思いながらいただき、ちょっと寂しくなってしまった冷凍庫を前に、また次の注文のタイミングを見計らおうと心に決めるのでした。

(編集・渡辺洋子)
《次号予告》megoのお皿を使ってみた