大図まことの「飛び出せ!青空刺しゅう教室」

ちょうど二ヶ月前、三軒茶屋で行われた「大図まことのクロスステッチ大図鑑」に訪れた時のこと。ギャラリー内にずらりと並んだクロスステッチの作品の数々。一体どれだけの数があるのか、とにかくこんなにたくさんの図案を見ることができるなんてすごい!と大興奮したのを覚えています。

近づいてよく見てみると、そこには思わず微笑んでしまうような楽しいモチーフが!
フラダンスをしている女性のクロスステッチや、3Dメガネをかけると立体的に見える大きな恐竜の作品。どの作品も細部まで“デザイン”が施されていて、ひとつひとつをじっくり見ていたらあっという間に何時間も過ぎてしまうような、それはそれは楽しい展示でした。

それらを目の前にして思ったのが、こんなにたくさんの図案やアイディアを考えられるセンスといいユーモアといい…大図まことさんは天才だ!!ということ。

9月18日に発売されたばかりの大図さんの著書『ぼくのクロスステッチ500
はじめてでもかんたん!世界のかわいいワンポイントモチーフ(河出書房新社)』は、見ているだけでもてわくわく楽しくなる内容で、すぐに大図さんのクロスステッチワールドに引き込まれてしまいました。世界の国々をテーマにしたかわいい図案が紹介されているのですが、イギリス、フランス、フィンランド、ブラジル、メキシコ、アメリカ、さらには宇宙というカテゴリーまであるのです!
その宇宙人のモチーフのとぼけた表情が、かわいいことかわいいこと。フィンランドのページではちょっとスリムでかっこいいサンタクロースのモチーフもあり、とにかくその目のつけどころやセンスがユニークで、大図さんのスパイスが効いたものばかりなのです。

でも、大図さんの作品を見ていると、「楽しくてかわいくてカッコイイ」だけではなくて、その裏側に込められた思いも感じるのです。
昨年初めてお会いした時にこう話してくれました。

「自分はクロスステッチしかやっていないので大きなことは言えないのですが、自分がそれをずっと続けることによって、誰かがクロスステッチって面白いな、手芸って楽しいなって思ってくれたらいいなぁと思っているんです。何ができるというわけではないけれど…みんなに手芸の楽しさを知ってもらいたいんです」

「それに、クロスステッチというのはずっと昔からあって、何百年も前に作られた図案が今でも復刻されているのでそれを見て当時と同じものを作ることができるんですよ。当時の人と同じような作業を今でも出来るなんてとても不思議なことじゃないですか?
自分もいつかそんな図案集が作れたらいいなぁ」

誰かのために、後世に伝えるために…というような大げさで堅苦しい思いはまったく感じさせずに、私たちを「楽しい!」「やってみたい!」という気持ちにさせてくれる大図さん。実はこれはなかなか難しいことだと思うのですが、大図さんの作品を見ていると自然とそんな気持ちになるのです。

最近はワークショップを通じてたくさんの人と出会えるのが何よりも楽しいと言う大図さん。各地でワークショップを開催して、訪れた先々で新しい発見を楽しんでいるそうですよ。

もみじ市は昨年に続いて2度目の出店。今年もカッコイイ腕時計を作るワークショップを開いてくれます。ご存知「水にも衝撃にも弱い、毛-SHOCK!!」。毛糸で刺しゅうして作るから毛ショック!つけていると自慢して歩きたくなるカッコイイ時計。それが「毛-SHOCK!!」。みなさん、大図さんに会いに、ワークショップに参加しに、もみじ市へお越しくださいね!
クロスステッチの魅力の虜になること間違いなしです。

<ワークショップのご案内>
青空の下でクロスステッチデザイナー大図まことと一緒に
毛糸で作る腕時計「毛-SHOCK!!」を作ろう!

*10月23日(土)24(日)とも定員に達しました。
日時:10月23日(土)[第1回 11:30~第2回 14:00~
10月24日(日)[第1回 11:30~第2回 14:00~
定員:各回10名(予約制)
所要時間:約2時間
参加費:2,500円

*大図まことさんに聞きました

Q1. 今回はどんな“いでたち”で、もみじ市のパレードに参加していただけるのでしょう?
毛糸で作るごきげんな腕時計『毛-SHOCK!!』をみんなで一緒に作ろうぜ!

Q2. もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?
来場されるお客さんや出店者との交流を楽しみたいです!

Q3. もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします!
こんにちは大図まことです。
もみじ市で今年もたくさんの方とお会いできると思うと今からワクワクしてしまいます。
もみじ市は作品を買うだけではなく直接作家さんと作品を見ながらその場で話せることがとても魅力だと思います。恥ずかしがらずに気になる作家さんに声を掛けてみましょう。
当日会場でお待ちしておりまーす!

さて続いては、あたたかくて優しい世界を“紡ぎだす”あの人の登場です!

文●増田千夏

CRAFT, WORKSHOP  twitterでつぶやく

このページのTOPへ