カテゴリー: FRUIT & VEGETABLE


あんざい果樹園「旬のやつ持ってくから」

福島県福島市の西側、吾妻連峰のふもとを走るフルーツライン。その名の通り14kmにも渡って、約50軒もの果樹園や果物の直売所が点在しています。夏から冬にかけて、さまざまな果物で賑わうその街道沿いに、ひときわ素敵な果樹園を見つけたら、そこはきっと、あんざい果樹園に違いありません。

素敵な果樹園のひみつ。ひとつめは、安斎伸也さんとお父さまが大切に育てている、旬の美味しい果物に出合うことができるから。ふたつめ。その隣には、伸也さんの奥さん、明子さんが営むカフェ「café in CAVE」があるから(果樹園の果物を使ったお菓子や飲み物を味わうことができます)。みっつめ。さらにその奥には、伸也さんのお母さんが営むお店「utsuwa.garalleyあんざい」があるから(もみじ市でもおなじみの作家さんの作品もあります)。よっつめ。伸也さんをはじめとする安斎家の人々が、いつも気さくに迎えてくれるから。どうです、素敵でしょう? 福島県出身の私にとっては、あんざい果樹園は福島の自慢の場所なのです。

それではこのあたりで、あんざい果樹園で出合うことのできる果物をずらっとご紹介しましょう!l
もも:暁星、あかつき、川中島、黄金桃、黄貴妃
なし:幸水、豊水、二十世紀、南水、
洋なし:マルゲットマリーラ、ラ・フランス、ル・レクチェ
りんご:さんさ、紅玉、陽光、サンふじ

ちょうど、私が訪ねたときは、ももとなしのシーズン。「なし狩りなう」の大きな垂れ幕に誘われるがまま、いざ出陣! 燦々と降り注ぐ太陽の下、ぷりぷりっと育ったなしをその場でぱくり。「わ! あったかい!」。そうです、その日は炎天下で、もぎたてのなしは、あたたかかったのです。あたたかいのにこんなに甘くてみずみずしいなんて! と私がつぶやくと、何を言ってるの? という表情で私の顔をみる伸也さん。私がふだん、東京で食べている果物は、元気がないものなんだな、ということがよくわかります。「大切に育てられたものって、こんなに美味しいんだよ」と、大地と空が教えてくれたようでした。

こんな美味しい果物たちを育てている伸也さんに、私は聞きたいことがありました。伸也さん、あんざい果樹園で育つ果物たちに、どんな想いで接しているんですか?

「いつも本当にありがとう。まだまだ分かってあげられなくてごめんね。でもがんばるからね。無農薬無肥料栽培しようね。これからも色々おしえて下さい。あなたとよりそって生きられることがとても幸せです」

なんだか、私が果物になりたいくらい…。伸也さんは今年、果樹園の一部で新しい試みを始めます。それは、無農薬無肥料栽培。それは、収穫を10分の1にさせてしまうかもしれない、リスクのある試み。頑張って欲しいと思います。心から応援したいと思います。きっと大丈夫。福島の大地や大きな空、きれいな水、人のあたたかさが伸也さんとあんざい果樹園を守ってくれるから、きっと大丈夫…。

さて、今年のもみじ市、あんざい果樹園は4回目の参加です。今回はいつにも増してわくわくするようなことを考えてくれていますよ! 例えば、手搾りジュースには、無農薬パッションフルーツと豊水(なし)の夢の共演が実現。特製の小冊子と旬の果物、ジャムなどを詰め合わせた「もみじ箱(Momiji Box?)」も登場するかもしれません。

そして、初お目見えなのは、布にまつわるもの。ヒントは、着ているものに注目してほしいとのこと! 他にも、たくさんの果物とともに、あんざい果樹園が、HAPPY ISLAND福島から多摩川へやってきます。まずは、乾いた喉を潤しに、旬の果物からつくったジュースを一杯、いかがですか?

*あんざい果樹園さんに聞きました

Q1. 今回はどんな“いでたち”で、もみじ市のパレードに参加して いただけるのでしょう?
コンテンポラリー農家の“いでたち”で。

Q2. もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?
去年と同様にankajuでとれた旬の果物とそれを絞ったジュースを携えていきます。秋空の下でみんなで乾杯しましょう。

Q3. もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします!
今年もきたきたまみむめもみじいち
あっちでワクワク
こっちでウフフッ
実りの季節だもんね!

まぁそんなかんじだよ。
遊びにおいで〜♨。

さて、続きましては、沖縄から草と花を愛するあの方が。

文●一島純子

FRUIT & VEGETABLE   twitterでつぶやく

キノカフェ「オーガニック野菜」(24日)

それは昨年の10月11日のこと。抜けるような青空の下、多摩川の河原には、元気な女の子たちの声が響いていました。
「美味しい野菜ありますよ!」
「農薬も化学肥料も使わないで育てているんです!」
彼女たちの目の前に並んでいるのは、色とりどりの野菜。ナス、人参、インゲン、ネギなどおなじみのものから、丸ズッキーニ、万願寺とうがらし、バナナピーマン、マーブルナスなど見慣れないものまで、見ただけで生命力があることが伝わってくる力強い野菜が並んでいます。

これは、昨年のもみじ市での光景。元気な女の子たちの輪の中心にいたのが、井波希野さん。色鮮やかな野菜たちはすべて、希野さんがその手で育てたものです。

八ヶ岳の麓、清き水の町である山梨県白州町にて、希野さんは農業を営んでいます。希野さんが耕している土地は、約3000坪。八ヶ岳の山々に見守られた広大な畑で、年間60種類以上の野菜を育てているのです。

最近でこそ、若い女性が農業を営んでいる例をいくつも目にするようになりましたが、希野さんは、そのはしりと言ってもいいと思います。スイスでの1年間の農業研修を経て、白州町で就農したのが2004年のこと。女性がたったひとりで農業を営み、広大な土地を耕し、日本ではなじみの薄い野菜を育てるというスタイルは注目を集め、テレビや雑誌や新聞など、多くのメディアに取り上げられました。「女性が農業をする」という“生き方”をファッションとして取り上げるようなメディアも少なくない中、希野さんが積極的に取材に応じているのは、「農業は素晴らしい」ということが、少しでも多くの人に伝わって欲しいと思うからなのです。

おおよそ、農家の名前とは思えない「キノカフェ」と言う屋号。この名前の由来について、希野さんはこう語ります。

「楽しく、おしゃれに、自分が作った野菜を通して人とかかわりたいから」

農業というと、どうしても「たいへん」「泥臭い」というイメージがあると思います。実際、そういった側面もありますし、それは希野さん自身が誰よりもわかっています。だけど、いや、だからこそ「楽しく、おしゃれに農業をしたい」と、大きな声を出して叫ぶ希野さんには、とてつもない志の高さを感じるのです。かなりかっこいい。

昨年のもみじ市で希野さんと一緒に野菜を売っていた陽子さんは、希野さんのもとで、半年間修業をした方。陽子さんは来年の5月に、石川県金沢市で、独立して就農する予定。そう、希野さんと“かかわった”人たちが、少しずつ、羽ばたいているのです。希野さんのスピリットがもっともっと広まって、楽しく、おしゃれに農業を営む人たちが増えたら、なんだかこの世の中は素敵なことになるに違いないぞ、と思うのは僕だけではないでしょう。

さあ、今年のもみじ市。井波希野さん率いるキノカフェチームが、たくさんのとれたて野菜を持って、多摩川へやって来てくれますよ。皆さんの前にお目見えする野菜は、なす、パプリカ、小松菜、かぼちゃ、など。珍しい野菜もたくさんあるので、どんな風に調理したら美味しいかを、希野さんに聞いてみて下さいね。また、桃ジャム、夏野菜のピクルスなどの加工品も持ってきてくれるとか。八ヶ岳の太陽と水、そして希野さんの“元気”で育った美味しい野菜を、ぜひ手に取ってみて下さいね。

*井波希野さんに聞きました

Q1. 今回はどんな“いでたち”で、もみじ市のパレードに参加していただけるのでしょう?
いつもは野生ガールな農業女子ですが、もみじ市はおしゃれ農業女子風味で!     

Q2. もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?     
いろんな出店者の方やお客さんとしあわせを分かち合いたい。                 

Q3. もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします!
一年に一回の大イベント!ほんとうに素敵な出店者ばかりで、今からわたしもドキドキしています。
ほかにはないイベントですので、ちょっとのぞいてみてください。

さて続いては、みなさんお待ちかねの3人組が、今年ももみじ市にやってきますよ!

文●北島勲

FRUIT & VEGETABLE   twitterでつぶやく

チャド「自然農の野菜」(24日)

「わたしたちは自然農という方法で田畑をしています。きっと、知らない人が見たら『これ、原っぱ?』と思ってしまうような、まるでいままでの畑と異なる風景です。なにが違うかと言うと、先ほど原っぱと言ったように、畑が四季の草草でいっぱいだということです。そして、その草草を住処に、たくさんの虫たちや小動物が生きています。草の中から野菜が顔を出している感じ…。どうです? なんとなく想像できましたか? これは、自然農の『耕さない』『草や虫を敵としない』『肥料を与えない』の三原則から生まれる風景だと言ってもいいでしょう。ん? でもこれ、やっぱり原っぱの風景と同じですね(笑)。草や虫や小動物と一緒に、お米も野菜もわたしたちも同じように育っている。そういう捉え方が自然農の面白いところであり、一番の魅力だと思っています」

2年前のある日のこと。僕たちを乗せた軽トラックが、畑の間を割って入り、さらにくねくねと続く山道をすすんでいきました。「こっちです」と、車を止めて案内されたのは四方を木で囲まれた中にぽっかりと広がった原っぱのような場所。まっすぐに伸びた畝に沿って野菜が整然と並んだ畑とはまったく違う風景で、畑に来たというよりは、山登りをしている途中に、気持ちのいい場所を見つけたので一休みできないかと立ち寄ってみた、という雰囲気。

愛知県の知多半島で自然農という方法で野菜を育てているのはチャドの斎藤正典さん。そこは、自然農塾で農業を学び、自然食品店などで働いたのち、この地で農家として歩み始めた彼の畑だったのです。

とある雑誌で連載をしてもらう、という名目で、2年前に1年間ほど彼の畑に通いました。それは自然農での野菜の育て方を教えてもらう、という企画で、畑の一画をお借りして実際に野菜を育て、その様子を紹介するというものでした。春、夏、秋、冬、季節ごとに彼の畑を訪ねました。それは僕にとって、取材というだけではない、本当に楽しくて特別な体験でした。

まず理由のひとつは、季節の草草で覆われた畑が、とても美しかったこと。東京のビルの中から抜け出してこの場所にやって来ると、なんだかとてもホッとするのです。自然農の畑は、季節によって大きく表情を変えて、いつも僕の目を楽しませてくれました。

「四季の移ろいを肌で感じられることが一番の魅力、かな? 定点観測って発見が多いんですよね」

つぎに、自然農のおもしろさに触れたこと。自然農は、耕さない、草や虫を敵としない、などの考え方があるけれど、誤解を恐れずに、ものすごく簡単に言ってしまうと「自然のままの状態」で野菜を育てる、ということ。そう、野菜を作る、のではなくて育てるのです。斎藤さんは「野菜は自分で育ちます。僕はその手助けをしているだけです」と言っていました。その考え方がなんだか新鮮で、とてもおもしろかったのです。

取材に行くときは、いつもお昼に斎藤さんのお宅にお邪魔して、ごはんをごちそうになるのが、とても楽しみでした。料理上手の奥さんが作る、自然農で育てた野菜を使った料理のおいしいこと! 自然農で育てられた野菜は生命力に満ちていて、食べるごとに生きていく力の“糧”を得ているんだ、という実感がありました。

斎藤さんのやわらかな人柄、ゆったりと、そして地に足の着いた暮らしのリズム、そして生命力に満ちた野菜。そんな斎藤さんの暮らしに触れることで、いつも元気をもらっていた気がします。

「食卓が賑やかに潤うくらいのいろいろな野菜たちを育てていますよ」という斎藤さん。今回のもみじ市ではカボチャや里芋などの旬野菜がお店に並ぶそう。ぜひ、もみじ市に来たら、斎藤さんの野菜を手に取ってみてください。それだけで、「元気がでる」と言った僕の言葉の意味が伝わるような気がするのです。そしてぜひ、自然農の野菜を食べてみてください。ひとつひとつ、生命力溢れるある野菜たちが、きっと、いや、かならずあなたを体の内側から元気にしてくれるはずですから。

*チャド 斎藤正典さんに聞きました。

Q1. 今回はどんな“いでたち”で、もみじ市のパレードに参加していただけるのでしょう? 
わたしたちにとって今回がはじめてのもみじ市です! とても楽しみにしています。パレードには、家族総出で参加します〜♪

Q2. もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?
地元以外でのイベントへの出店は今回が初めて。まだお会いした事の無いみなさんとの出会いがすごく楽しみです!

Q3. もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします!
秋の多摩川河川敷で、草のにおいがする青空マーケット。賑わう行列にも音楽があってアートがあって、きっとパレードみたいなんだろうなぁ。そんなこと思いながら… いまから「もみじ市妄想」してます(笑) みなさんと一緒に過ごす楽しい縁日。お会いできるのを楽しみにしています〜。

さて続いては、昨年に続き2回目の登場、山口県からオートマタ作家がやってきます!

文●セソコマサユキ

FRUIT & VEGETABLE   twitterでつぶやく

アトリエノマド「秋のおくりもの」(24日)

ふたりが農園でも農場でもなく、アトリエ(工房)と名付けたのには、2つの意味があります。ひとつは、「畑づくりも、野菜を育てることも、自己表現のひとつ」と考えているから。もうひとつは小規模な経営をしたいと考えていたから。小規模な経営にしたいと考えたのは、ひとつひとつの野菜を手の届く範囲で育てたい、という思いから。アトリエノマド(ノマドは遊牧民という意味)として、長野県佐久市の長者原で小さな畑を営むいけだたつやさん、よしえさん夫妻。そうやって丁寧に育てた野菜を、この場所からたくさんのお客さまに届けています。

「野菜を育てるうえで気をつけているのは、なるべく1日1回は作物の様子を見に行ってあげるということ。『野菜は足音で育つ』というような言葉もあるように、常に気にかけてあげるということが一番重要だと思うのです」

昨年のもみじ市、2日目のこと。会場にかわいらしい一画が現れました。黄色い大きなパラソルの下に、彩り豊かな野菜が並べられた木の箱が連なっています。そこは、まるでフランスの小さな町のマルシェのようでした。そこは、アトリエノマドの小さなお店。並べられたのは、西洋野菜とハーブ。見ているだけでも楽しくなってしまうようなカラフルな野菜や、ちょっと見慣れない野菜まで、変な言い方だけど、アトリエノマドの野菜は“作り物”みたいにきれいでした。

「目で見て美しく、そして食べてもおいしい野菜を作りたいと思っています。『無農薬だから虫食いなんだ』という固定観念を破りたいですね!」

その思いは、美しく育てられた野菜を見ているだけで、十分に感じられます。もちろん味だって本当においしい。ふたりが実践しているのは、バイオダイナミック農法という有機・無農薬を基本に、化学肥料を使用しない代わりに、天然のハーブや鉱物などの自然物で作った調合材で土を活性化させ、さらに、天体の動きにあわせて種蒔きや収穫の時期を選択するという自然と調和した農法。アトリエノマドの野菜からは、野菜本来の味がストレートに、そして力強く体中に伝わってくるのです。

「去年から今年にかけて、本当にいろいろな方が畑まで来てくださいました。この仕事をはじめて一番実感しているのは、様々なジャンルの方々と出会う機会をいただいているなということです。野菜を通じて、どんどん人のネットワークが広がっていくという感覚。そしてこの一年で特に楽しく感じたのは、お客様が積極的にアプローチしてきてくれること! 今週はこんな野菜セットです! とか、こんなセット作ってみました! とか、こんなこと始めました! なんていうノマドの発信にすぐに反応してくれて、おまけにさらにいいアイデアをプラスしてくださったりします。なんだか、まだまだ未完成の小さな農場を皆さん一緒になって作っていっていただいているあったかい気持ちになることがいっぱいあります」

そして、アトリエノマドのホームページには、こんな言葉が記されていました。

「野菜のおいしさって、いろいろ条件があると思うのですが、私が見るところ、『この人が作ったから』という消費者の、『この人のために作る』という生産者の、それぞれの『心』のエキスって結構一番のウエイトを占めていた気がするのです。なので、不特定多数を相手にするのではなく、家族、友人、知人、そして自分の縁のある場所… とにかく人と人のつながりを大切に… それが、自分が考える知産知消です。それから、新たな『人と人のつながり』を作るために『マルシェ』という場での販売にこだわりたいと思います」

野菜を通して強く、大きく広がっていく人と人とのつながり。アトリエノマドの小さな畑には、たくさんの人の思いが集まってきて、それをふたりが足音で、そしてその手で伝えていくことで、すくすくと、うつくしく野菜たちは育っていくのかもしれません。昨年同様、今年もビーツやコールラビ、西洋かぼちゃなどがアトリエノマドのお店を賑やかに彩ります。もみじ市はふたりにとって大切な出会いの場。みなさんもぜひ、アトリエノマドのマルシェで、新鮮な野菜と、いけださん夫婦との交流を楽しんでくださいね。

*アトリエノマドさんに聞きました。

Q1. 今回はどんな“いでたち”で、もみじ市のパレードに参加していただけるのでしょう?
「秋のおくりもの」です。ノマドの畑に届いた自然からのギフト、「秋な色合いや、秋の味わい」そんな野菜たちをきゅきゅっと集めてパレードに参加します。野菜たちがパレードに参加したくて、秋の畑からそのまま駆けつけてきたような、そんな空気や香りを感じてもらえたらいいなあと思います。

Q2. もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?
たくさんのお客様にノマドの‘‘いでたちを”楽しんでいただきつつ、私たちもそのほかの魅力的な出店者のパレード参加を観に駆け回りたいです!

Q3. もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします。
とにかく一緒になってパレードに参加して、食べて笑って見つけて感じて、時にはのんびり眺めたり浸ったり、おとぎの国にいるような、そんなもみじ市の一日を体と心いっぱいに体験しに来てください!

続いては、北海道からやってくる、あのテキスタイルデザイナーが登場します!

文●セソコマサユキ

FRUIT & VEGETABLE   twitterでつぶやく

鈴木農園「あんしん野菜」(24日)

ぼくの名前は、すずきおうすけといいます。鈴木凰介と書きます。2歳です。みんなはぼくのことを「おうちゃん」と呼びます。ぼくは東京都立川市というところに、とうちゃんとかあちゃん、じいちゃんとばあちゃんの5人で暮らしています。とうちゃんの名前は富善、かあちゃんの名前は弓恵、じいちゃんの名前は英次郎、ばあちゃんの名前は美智子と言います。

ぼくの家は農家です。とうちゃんが畑で野菜を育てています。かあちゃんもとうちゃんを手伝っています。その間ぼくは、ばあちゃんに遊んでもらっています。じいちゃんはとうちゃんのお師匠さんです。でも最近、とうちゃんはじいちゃんのことをライバルだと思っているみたいです。その証拠に、とうちゃんはじいちゃんと同じものを育てようとはしません。同じ白菜を育てるにしても、とうちゃんはじいちゃんとは違う品種の白菜を育てるんです!

とうちゃんとじいちゃんは、野菜を育てるのに農薬も化学肥料もいっさい使いません。ぼくたち子どもたちが食べても“あんしん”で、おいしい野菜を、ていねいにていねいに育てています。そうやって育てられた野菜は、週に2回、ぼくの家の入り口のところにある直売所で販売します。

直売所にはたくさんの人がやって来ます。ひとり暮らしの男の人、遠くから来てくれる家族、レストランを開いている人、そうそう、去年のもみじ市に来てくれたお客さんで、次の日にぼくの家まで野菜を買いに来てくれた人もいるんですよ。

直売所で直接お客さんに野菜を売っているとうちゃんとかあちゃんはとても楽しそうです。とうちゃんは、「直売所に来てくれる人たちが食べたいだろうな、っていう野菜を育てるんだよ」って言っています。お客さんの顔を見ていると、なんとなくわかるんだそうです。例えばとうちゃんは、ミニ大根やミニ白菜やミニ人参を育てています。最近は家族の人数が少ないから、そういう野菜を育てるとお客さんが喜ぶんだそうです。

「農家の仕事はたいへんなこともあるけれど、自分が育てたい野菜を育てられるから楽しい」

これ、とうちゃんのセリフです。ちょっとかっこいいと思います。ふつう農家は、相手の希望に合わせて野菜を卸さないといけないから、なかなかこうはできないのだそうです。自分で育てて、自分で売るという直売の形をとっているからこそ、とうちゃんはこうできるんだと言います。

とうちゃんはいま、「野菜ソムリエ」の資格を取りたいって考えているみたいです。自分が育てた野菜を買ってくれた人に、その野菜の調理法などをもっといろいろ教えてあげたいみたいです。とうちゃん、張り切っています!

もうひとつ、とうちゃんが張り切っていることがあります。それは、来月のもみじ市です。10月24日の日曜日、鈴木農園の直売所が多摩川に出張します。とうちゃんと、かあちゃんと、じいちゃんが心を込めて育てた野菜をたくさん持って行きます。どうぞみなさん、あんしんで、おいしい野菜を買いに来て下さいね。もちろん、ぼくも一緒に行きますよ。ぼくを見かけたら、「おうちゃん」と、お気軽に声をかけてくださいね!

*鈴木富善さんに聞きました

Q1.今回はどんな“いでたち”で、もみじ市のパレードに参加していただけるのでしょう?
若さと情熱に満ち溢れた東京立川の農家の代表として活気溢れた野菜屋さんスタイルで参加します。

Q2.もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?
たくさんの人たちとの出会いを大切にし、テンション上げて楽しみます。

Q3.もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします!
お待ちしてまーす。農Like!農Life!

さて続いては、何とも独創的な和菓子を生み出すあの人が今年も、もみじ市に登場!

文●北島勲

FRUIT & VEGETABLE   twitterでつぶやく

このページのTOPへ