出店者紹介,FOOD

日光珈琲


【日光珈琲プロフィール】
栃木県鹿沼市で生まれた「日光珈琲」のオーナー・風間教司さん。鹿沼はかつて、日光へ向かう旅人にとっては休息の地だった場所。歴史ある宿場町だったこの土地で、風間さんが自宅を改装し「Café饗茶庵」をオープンしたのが1999年。「ひとが集う場所が作りたかった」という風間さん。当時は珈琲の知識はほとんどなかったと言います。お店を営みながら珈琲のことを学んでいき、2006年、焙煎機を導入。風間さん自らが焙煎士として活動するようになりました。時は経ち、現在では7店舗のカフェと2店舗のお茶や雑貨にまつわるお店を営んでいます。いまや関東を代表する焙煎士と言っても過言ではなない風間さん。「珈琲は人と人とを結ぶためのツール」だと話します。今回のもみじ市のお題(テーマ)は「グリーン」。珈琲とグリーン? 風間さんと日光珈琲の回答は……?

HP:nikko-coffee.com
Instagram:@nikko.coffee.kyochaan

【当日持ってくるものを5つご紹介!】

「自家焙煎スペシャルティ珈琲&グリーン珈琲」
日光珈琲の顔とも言える、通常の「自家焙煎スペシャルティ珈琲」。そして、今回は「グリーン珈琲」を作っていただきました! このグリーンの秘密は、焙煎していない生豆の状態で抽出したから。海外のセレブたちの間で大人気(らしい)という、美容と健康に効果のあるクロロゲン酸を多く含む飲み物です。豆の量や挽き方など、より美味しいものをご提供すべく只今鋭意開発中だとか。もみじ市ではどんな味になっているのか、お楽しみに!


「抹茶スコーン」
店舗やイベントでの定番メニュー「日光珈琲オリジナルスコーン」を、もみじ市のテーマ“グリーン”に合わせて限定・抹茶味が登場! つぶあんと抹茶を練り込んだ、和テイストのスコーンです。グリーン珈琲のお供にぜひ。


「ニッコーラ」
「日光珈琲の焙煎士が本気で作ったクラフトコーラ」。「自家焙煎スペシャルティ珈琲」をベースにゆずや唐辛子など、日光の素材とスパイスを調合した新感覚クラフトコーラです。


「アイスコーヒー」
上質なブラジル深煎り豆をふんだんに使い、やわらかな苦味と深いコクが織りなす絶妙のハーモニー。自家焙煎ならではの香り際立つ、日光珈琲の本格アイスコーヒーです!


「ドリップバッグ珈琲」
本格「自家焙煎スペシャリティ珈琲」が特別でお手軽なドリップバックになって登場! ご自宅に帰った後も、日光珈琲をお楽しみいただけますよ。

【商品カタログ予習帳】