ジャンル:TEXTILE

admi

【admiプロフィール】
デザイナー・堀千春主宰のテキスタイルブランド。多摩美術大学卒業後、訪れたインドで「木版プリント」の技法と出会う。まさに“職人技”とも言えるほど繊細で力強い手仕事に胸を打たれ、2008年に木版プリントのブランドを立ち上げる。堀さんの生み出した素朴で愛嬌のあるモチーフが、職人たちによって形取られ色付く工程は圧巻としか言いようがない。ブランド発足10周年を迎える今年のもみじ市では、admiの集大成ともいえるほどたくさんの花々が河川敷に咲き誇る。
http://admi.jp/index.html

【月刊 admi 7月号】

特集「admiの柄が出来るまで」

“admi”とはヒンドゥー語で「人」という意味。インドにいる間に感じた「人」とのつながり、人種が違えど想ってくれる「人」のあたたかさ、「人」の手で作ること、「人」があってのadmiという意味が込められている。ロゴは、漢字の「人」、そしてインドと日本とのつながりを表現。

▼一番最初に作った『Dance』

admiを知っている者ならば、必ず見たことのある柄「DANCE」。堀さんがブランドを立ち上げたばかりの2009年、admiとして初めて作った柄だ。もともとは、1枚の落書きから生まれたという。

大小さまざまな花が描かれたこの模様は、堀さんがテキスタイルを作る上での原点となった柄だ。描いているうちに、この花が四角形のなかにおさまるものだと気がついた堀さんは、色々な向きで模様をレイアウトしてみたという。花を内側にしてみたり、葉を内側にしてみたりと、さまざなまパターンを作成。そして今の法則が出来上がった。

初めてできた柄。やはりタイトルは、Happyなイメージの言葉を使いたい。そんななか完成した柄は、まるで踊っているように生き生きとしており、すぐに「Dance」という名前に決まった。初めて作ったこの模様は、パターンを作るには“リズム感が大事”だと堀さんに教えてくれた大切な作品である。

現地の職人が目検で色を配合するため、パントーン色見本で色を決めていても意味がないのだとか

 

現在は5色展開で制作。初期に作った01と02の色は現在制作していないが、初期にはなかった色味で常に新しいものとして生まれ変わっている。

(編集・鈴木麻葉)

《次号予告》
繊細で洗練された4種の花が織りなす『Nobana』

保存保存