ジャンル:CRAFT

charan 山田亜衣(14日)

【charan山田亜衣プロフィール】
東京生まれ。2000年より、charan(ちゃらん)という屋号で銅・真鍮雑貨と真鍮アクセサリーの製作を開始。現在は個展・企画展や、イベント出店などを中心に活動中。もみじ市には第1回から欠かさず参加されている山田亜衣さん。毎回テーマ毎に、柔軟な想像力とアイディアで絵本の中にいるようなファンタジーの世界を届けてくれる作品は、いつもそばにおいておきたい魅力に溢れています。
http://charan-ai.cocolog-nifty.com/

【月刊 charan山田亜衣 7月号】

特集「charan山田亜衣のもみじ市までの歴史」

2006年に開催された第一回もみじ市から毎回参加されている山田亜衣さん。今回は子供時代の話からプロになるまでの道のりや活動、苦労話までたっぷりと伺ってきました!

アトリエ名「charan」の由来とは・・・

山田亜衣さんご自身の作った「茶欒」という造語からきており、自分が作った作品を部屋に飾ることで、“ひとりでお茶を飲む時間や、お茶の間で団欒するようなあたたかい空間を作りたい”という想いが込められています。また、父親がもともと茶道指物(木工)という伝統工芸品を作る職人だったこともあり、父から子へ受け継がれた魂が「茶」の名前にもひっそりと込められているそうです。

目標達成までの道のり

父親の影響で、小学生の頃から将来ものづくりをしていきたい、という想いをずっと持っていたという山田亜衣さん。何かのきっかけになればと高校3年の夏休みに行った学校見学で、真っ赤な鉄を火花散らして叩いている女性たちを見て、「楽しそう!」と思い、高校卒業後、職業技術専門校に入学。金属の道に進むことを決めて、「25歳までに個展を開催する」と、自分自身に誓ったのだそう。

初期の頃の作品

専門学校の半年間という短い時間の中で学べることは限られており、基礎的なことは身についたものの、実際はわからないことだらけ。卒業後、鍛冶屋で溶接のアルバイトや、金属の作家さんのもとについて修行をしているうちに、時間と共に変化する美しさに惹かれ、素材を銅・真鍮に決めました。その後はホームセンターの店員さんやデパートの催事コーナーに来ている職人さんのもとに足を何度も運んで話を聞き、そのアドバイスをもとに、その後の技術は独学で学んでいったのだとか。

初めて作品を販売した日

絶対に25歳までに個展をやらなければ、という決死の思いで色々なところへ顔を出して人脈を広げ、野外イベントなどにも意欲的に参加。そんなある日、イベントに来たお客様に声をかけられ、ついに24歳の時に渋谷のギャラリーで個展の開催が決定しました。目標達成のために惜しまない努力と行動力、その揺るぎない決意の強さに、山田亜衣さんのエネルギーと輝き続ける魅力を感じました。

今月のもみじ市作品

『月刊 charan山田亜衣』では、全4回にわたり、これまでのもみじ市を振り返ってそのとき印象に残ったものをイメージして形にしていきます。それはまさに、山田亜衣さんの心に灯る小さなもみじ市の風景。1回目は2006年に仙川にある「森のテラス」で開催されたもみじ市の作品。

当日は4回分の作品すべてを会場でお披露目予定なのでお楽しみに。

「森のテラス 手紙の木」
今回は、第一回目のもみじ市の会場だった森のテラスと手紙の木。初めましての方々と、畳の部屋で肩を寄せ合って出店したのを思い出します。charanブースのお隣は初々しいkata kataさんでした。(山田亜衣さん)

《次号予告》
もみじ市のお話①