出店者紹介,ジャンル:FOOD

Don Bravo(14日)

【Don Bravo プロフィール】
京王線・国領駅。各駅停車しか停まらないその駅から、大通りに沿って3分ほど歩いたところに、全国から足を運ぶ人の絶えないお店があります。その名もDon Bravo。オーナーシェフの平 雅一(たいら まさかず)さんによる本格イタリアンのお店です。供される料理はどれも絶品、かつクリエイティブ。伝統の枠にとらわれず、この場所だからこそできる最高の料理とおもてなしを届けてくれます。もみじ市へは今年が初参加。Don Bravoの作る「河川敷で味わう最高のイタリアン」をどうぞお楽しみに。
http://www.donbravo.net/

【月刊 Don Bravo 7月号】
特集:郊外の本格レストランが目指すもの

今年6周年を迎えたというDon Bravo。8月には大規模な改装を控えているといいます。都心から離れ、郊外の小さな街で本格イタリアンを営むオーナーシェフ・平 雅一さんが、胸に秘めた熱い想いを、その街の住人でもある担当・本間(手紙社)に語ってくれました。

レストランの本質

イタリアや都心の有名店で修行を積んだ後、地元国領に戻ってきたという平さん。本格イタリアンを供するお店を構えるにあたって、最初は都心での営業も検討し、国領で開店後も幾度か都心への移転を勧められたそうです。しかし、はるばる全国からお客さんがやってくるようになった今も、変わらずにこの調布市にある小さな街にお店を構えています。それは何故なのか? その答えは、東京という都市と、平さんの目指す“レストランの本質”にありました。

「東京って、世界的に見てもすごく特異な都市なんですよ。和食もイタリアンもフレンチも、アジアやアフリカの料理だって、あらゆる種類のトップレベルのレストランが、23区内のごく狭い地域に密集している。お客さんの取り合いが発生してしまうんです。結果、いい店なのに潰れていく店が現れる。これはすごく悲しいことです。土地が高い分、設備やスタッフの人数など、妥協しないといけないところも出てくるでしょう。レストランの本質は、料理とサービスだと僕は思っています。これを日々磨いて、更新していくのが僕らの役目で、一番重要なことだと。何の説明もなく、『美味しい!』と感じてもらえることが一番大事だと思うんですよ。そうして、どんな人にも居心地の良い空間を作っていきたい。そういう空間を作ることができれば、場所なんてどこでもいいんじゃないかって。」

レストランの評価を星の数で表すことで知られている、「ミシュランガイド」東京版に、23区外のお店は1件も載っていないのだそう。ミシュランの評価に興味はないけれど、“郊外でも、しっかりとした美味しい料理を楽しめる店があるような世界”にするために、まずは自分たちが皮切りになろう、そんな志のもとに、平さんはこの場所でお店を続けようとしているのです。

「郊外の店の良いところは、都心よりも家賃の負担が少ない分、設備やスタッフにもゆとりが生まれることだと思います。その分、もっと楽しくクリエイティブなことをする余裕ができる。それに郊外にもっと良い店が増えて、一流の店を目指す人たちが都心ばかりに集中しなくなれば、郊外も、都心も、全体が良くなっていくんじゃないかと思うんです。そのパイオニアとなることが、自分の役割であり目標だと考えています。」

Don Bravoオーナーシェフ・平 雅一さん

彼の眼に映るのは、目の前にある自分の店だけではなく、レストラン業界全体を取り巻く、広い世界。平さんはレストラン業界に“革新”をもたらそうとしているのです。「月刊 Don Bravo」では、そんな平さんが、もみじ市にどんな変革をもたらしてくれるのか。求める理想が、もみじ市でどんな風に花開くのか、その様子を追っていきたいと思います。

(編集・本間火詩)

次号特集:Don Bravoの3つの特徴