ジャンル:CRAFT

羽鳥景子

【羽鳥景子プロフィール】
大学で油画を専攻しながらガラス工芸を学び、京都でバーナーワークによる耐熱ガラスの技法を習得。現在は仕事としてのガラス製品・パーツ制作と、アート作品の制作を並行しつつ、耐熱ガラスでの表現の可能性を探っています。私(担当:小池)の近所のギャラリーで開催されていたグループ展が羽鳥作品との出会いでした。作品に負けずご本人もとっても素敵。もみじ市のブースで話しかけてみましょう!
https://www.instagram.com/hatoriglass/

【月刊 羽鳥景子 7月号】
特集「羽鳥さんの仕事」

今年初めてもみじ市に出店する、ガラス作家の羽鳥景子さん。直接ギャラリーで作品を見て一目惚れしたのですが、意外とネットでの情報は少ないのです。そこで、どんなに素晴らしい作品を作る方なのか、『月刊 羽鳥景子』ではみなさんにその魅力の一端をお見せできればと思います。

耐熱ガラスで作品を作っています

羽鳥さんは現在、浅草と杉並2つの工房を使って制作しています。大きなプロダクトは浅草、小規模なものは杉並と使い分けているそうで、“仕事”としてのガラス作りをこなしながら“作品”としてのガラス作りも手がけています。

羽鳥さんが作品にしているのは、一般的な吹きガラスやパート・ド・ヴェールとは違う「耐熱ガラス」。パイレックスに代表されるガラスで、ガラス製のポットやコーヒーサーバー、化学実験器具などによく使用されています。耐熱ガラスは熱の温度差に強く割れにくいという意味では、ガラス加工の初心者でも扱い易いかもしれません。ところが、自由な作品作りとなると、融通の効かなさが立ちはだかります。それでも、耐熱ガラスにしか表現できない形があり、用途があります。何より、想定外で完成されないカタチとせめぎ合う面白さがあるのだといいます。

今回お邪魔したのは杉並区阿佐ヶ谷のアトリエ。オーナーが写真家で、もともとはスタジオにされていたという家で、築60年。設計は、ル・コルヴィジェの弟子でもある前川國男によるもので、建築好きなら一度は訪ねてみたい場所ではないでしょうか? 随所に昭和モダンな作りがあって、見所満載。増築部分に構えられた工房には、ガラスパーツや耐熱ガラスの加工に使用するバーナーが置かれています。

今月はここまで。次号からも、浅草のアトリエや作品あれこれなど、最新の羽鳥さん情報をお届けいたします。

羽鳥さんの相棒まるちゃん。アトリエのアイドル

(編集・小池伊欧里)