ジャンル:OYATSU

HUGSY DOUGHNUT


【HUGSY DOUGHNUTプロフィール】
店主は1988年生まれのまつかわひろのりさん。妻のゆみさんと二人三脚で「あそぼう」をコンセプトにしたドーナツをつくる。聖蹟桜ケ丘の住宅地、入り組んだ細い路地を抜けると「HUGSY DOUGHNUT」は現れる。店を始めて4年目。その飽きさせないビジュアルと、計算された味の組み合わせに惹かれ、ご近所のみならず、遠方からファンが通う店になった。私(担当・丸本)もその楽しいドーナツに魅せられた一人。豪華に装飾されたドーナツ10個を手に新幹線に飛び乗り、「これが東京土産よ、食べんさい!」と実家の家族に振る舞った。みんなでじゃんけんしてドーナツを奪い合ったのは、楽しい思い出です。 HUGSY DOUGHNUTは、みんなが童心に戻れるドーナツ屋さん!
https://www.hugsycafe.com/

【月刊 HUGSY DOUGHNUT 7月号】
連載「ドーナツはすごいおやつ」

店主のまつかわさんと妻のゆみさんと打ち合わせをしていた時のこと、まつかわさんがぽろっと夢を口にした。それが『月刊 HUGSY DOUGHNUT』の始まり担当丸本が、その夢の実現までをリアルに追いかけていきます。

ドーナツ屋が嫉妬したドーナツ

旅がもともと大好きな2人。美味しいドーナツを求めていろんな国を旅し、数多くのドーナツを食べてきたご夫婦には、ずっと忘れられない味があった。それは、台湾にある小さなドーナツ屋のものだと言う。もみじ市に向けてその味を研究し、もみじ市で今までにないドーナツを発表することを目標にこのプロジェクトは動き出した。

笑いが絶えないまつかわ夫妻

−−−そのドーナツとの出会いはなんだったのですか?
まつかわ:ドーナツの研究のため、夫婦で旅に出ていたんです。口コミで聞いたお店なのですが、当時からドーナツを買うために行列ができていましたね。地元では神の領域だと言われているようで、今では1時間待ちするほどの人気店って聞きますよ。
−−−他のドーナツと何が違うんですか?
ゆみ:中はふわっ。外はカリッ。ドーナツの天ぷらみたいな感じ! 2段階の食感が楽しめるんですよ。外にスキムミルクなのか、何か粉がかかってて。
まつかわ:優しい甘味だよね。
ゆみ:イースト生地を細いリングにして、天ぷら粉みたいなのをつけて揚げるんです。
まつかわ:それが膨張して、なかなか大きいの!
ゆみ:サイズは大きくても、軽いから全く飽きなくて一日3個は食べちゃったよね。帰り用に買った分も空港でもペロリ。冷めるとよりしっとりして、その味も忘れらえないよね。あぁ〜、食べたくなってきちゃった。
まつかわ:あのドーナツは本当に美味しかったなー。あんなドーナツ作りたいね。

神様のドーナツ(画:まつかわさん)

絵を描くのもお得意なまつかわさん。その憧れのドーナツ(以後、神様のドーナツと言う)を描いてくれた。8月号ではまつかわご夫妻が嫉妬した“神様のドーナツ”の再現に奮闘しますよ。どこまで実物の味に寄せることができるのか、私も楽しみでならなりません。さあ、まつかわ夫婦の今後やいかに?!

(編集・丸本菜穂)

《次号予告》憧れのドーナツ、作ってみよう!