ジャンル:CRAFT,出店者紹介

liir

【liirプロフィール】
福井県に構えるアトリエで、ガラスの自然な振る舞いをそっと留めたような、美しい作品を作る森谷和輝さん。2011年から、liir(リール)という屋号で活動しています。吹きガラスの技法で作られる透明な作品と、キルンワークという技術を用いて作る、リサイクルガラス独特の表情を持つ作品。異なるガラスの性質を活かして作られる作品には、ガラスという素材に魅せられて作品作りを始めたという、森谷さんの想いが表れています。彼が作る作品の魅力は、作品そのものとしての凛とした佇まいのみならず、暮らしの中で見せてくれる、気取らない姿にあります。「ふとした時に綺麗だなと思えるものを作りたい」という森谷さん。日々の中で、使うたびに愛おしくなるliirの作品の輝きを感じてみてください。
http://www.liir1116.com/


『月刊 liir』記事一覧

7月号 特集「basket」
8月号 特集「fall glass」


【月刊 liir 7月号】
特集:basket

透き通ったガラスと、淡く曇りがかったガラス。2種類の異なるマテリアルを使って制作を行う、liir・森谷和輝さん。ひとつの手から生まれた、同じ“ガラス”という素材の作品でありながら、それらは表情も、性質も、用いられる技法も異なります。素材からインスピレーションを受け作ることもあるという、彼の作品を知るにあたって着目してほしいのは、その成り立ち。「月刊 liir」では、ガラスの奥深さに触れながら、liirの魅力を発見していきます。

初回の7月は、ほんのりと青白く、曇りがかった表情を持つガラスでできた『basket』についてご紹介します。

ガラスを柔らかく編んだかのように、伸びやかで、自由な形。5月に行った個展で、liir・森谷和輝さんが発表した新作『basket』は、花のような、抽象彫刻のような、独特の美しさを湛えていました。この不思議な形は、どのようにして生まれたのでしょうか。

 

ガラスのカゴ

liirの新たな作品が出来上がる時、「こんなものが欲しい」という想いから生まれる場合と、素材からインスピレーションを受け、その可能性を追求するように作られる場合があるといいます。今回のbasketは“丁度半分ずつ”なのだとか。

森谷「まず一つは、自分で使ってみたいと思った事がきっかけでした。竹や籐のカゴみたいなものを、編むようなイメージで、ガラスでも作れないかなと。もう一つは、グラスなどを作る時にできる“輪っか”があったので、これで何か新しいものを作ろうと思ったんです」

 森谷さんの作品『フォールグラス』の仕上げの際、上図のようにグラスの縁を切り取るため、“輪っか”の部分が余るのだそう。この輪を重ね合わせたら、カゴのようになるのでは? そうして試作を重ね生まれたのが、basketでした。

 作り方は、意外にもシンプル。まず“輪っか”を円状に重ねて並べ、窯で溶かすと、花のような形をした1枚の板ガラスが生まれます。

この板ガラスを凸型に載せ、再度窯に入れると、熱で自然と型に沿って変形し、basketが出来上がるのです。

hogging basket

試作を重ねる中で、最初に出来上がったのが、3つの輪を組み合わせた、一番小さなサイズ。これがその第一号の写真です。凸型に板ガラスを載せて溶かす「hogging」という技法を、初めて試した作品でもあるのだとか。とても伸びやかな形が生まれ、その自由な姿を、森谷さんも気に入っているそうです。

それからはさらに6枚を組み合わせた中くらいのサイズと、16枚を使った特大サイズなどが誕生。使う輪のかたちや数、重ね具合、型の種類によって多種多様なbasketが次々と生まれました。

まるで火山から溢れ出た溶岩のように流れる、ガラスの自由な姿を留めたbasket。ひとつの作品の中でも、角度によってまるで違った装いを見せてくれます。別々のパーツを組み合わせることで生まれた、厚みや濃度のムラもまた、魅力の一つ。ぜひもみじ市で、その豊かな表情をお楽しみください。

(挿画・編集:本間火詩)



【月刊 liir 8月号】
特集:fall glass


liirの定番品『フォールグラス』。滑らかなくびれを描く曲線や、側面のガラスの薄さと底面のぽってりとした厚みとのコントラストが特徴的です。今月は、森谷さんにとって“特別な一品”だというこちらのグラスをご紹介します。

ガラスのグラス

森谷さんが愛用する、ほんのりと曇りがかった「リサイクルガラス」を使った作品は、キルンと呼ばれる電気炉を用いて作られます。キルンワークでは型を使うことが多いため、プレートなど平たいものに適しており、グラスのように背の高いものには不向きなのだそう。森谷さんも当初は、お皿ばかりを作っていたと言います。

しかし制作を行う中で「キルンワークの作品の質感でグラスを作ってみたい」という想いが膨らんでいきました。そして5年ほど前、今の工房に移ったタイミングで挑戦し、生まれたのがこのフォールグラスだったのです。

フォールグラスは、凹型にガラスを流して作る「sagging」という技法を使います。前回ご紹介した凸型を用いる「hogging」の技法を用いる 『basket』では、板ガラスの縁が型に沿って広がっていきましたが、今回はリング状の型に挟み込まれた板ガラスの中央が、ゆっくりと溶け落ちることで形作られます。


このグラスが完成するまでは、長きにわたる試行錯誤があったと言います。窯に入れる時間が短すぎてはグラスの形が生まれず、長すぎても広がりすぎて形が崩れてしまう。何度も失敗し、1つ1つ溶け方の違うガラスと幾度となく対峙しながら、ようやくこのフォールグラスが出来上がったのです。


1つの窯に入る2個のフォールグラスを作るために、1週間もの時間がかかります。森谷さんの工房にある窯は2つ。最初は板ガラスを作るため、次にグラスの成形のため、最後に飲み口を滑らかにするため、3度の窯入れを行ってようやく完成するグラスは、決してコストパフォーマンスが良いとは言えません。しかしそんなフォールグラスがliirの定番品となっている理由は、森谷さんの作り手としての想いにありました。

森谷「気泡が伸びる様子や、厚みにムラのあるガラスが、見ていてすごく面白いなと思ったんです。自然に近いものが作れている気がして。もちろん、このグラスだけを作り続けていたらとてもやっていけない。だけど、コストや実用性を越えたところで『こういうものを作っていきたい』と思える、僕にとって特別な作品なんです」

フォールグラスとフォールコップ



それから制作を重ねるうち、姉妹品とも呼べる「フォールコップ」も誕生しました。こちらは側面のある型を使い、底の“重さ”を取ってすっきりとした形をしています。今後も型を改良したいと言う森谷さん。まだまだガラスへの挑戦は続いていきます。

重力に従って自然に溶け落ちた(fall)ガラスの様を、そのままに留めたフォールグラス。上部に残る引き伸ばされた楕円の気泡と、下部に見えるまん丸の気泡が、ガラスの溶ける様を想像させます。厚く溜まった曇りガラスの変化に富んだ表情と、薄く伸びたガラスの透明感のある顔つき、1つのグラスの中に共存する2つの美しさを、ぜひ秋の河川敷で、実際に感じてみてください。

(挿画・編集:本間火詩)