ジャンル:CRAFT,出店者紹介

mitome tsukasa

【mitome tsukasaプロフィール】
1976年 神奈川県葉山町に生まれる。2001年 東京藝術大学大学院美術研究科鋳金専攻修了。2004年 mitome tsukasaとしてアクセサリーなどの制作をはじめる。葉脈や水面の泡のような繊細な透し模様をしたアクセサリーは、金属とは思えない温もりに満ちています。私(担当・丸本)とmitome tsukasaさんの作品の出会いは、梅雨の鎌倉。水をまとったように柔らかい曲線から放たれるシルバーの艶めきに目を奪われたものだった。それ以来、私はmitomeさんのシルバーリングに恋をしている。


『月刊 mitome tsukasa』記事一覧

7月号 「mitome tsukasaの作品ができるまで デザイン」
8月号 「mitome tsukasaの作品ができるまで ラインワックスで原型を作る」


【月刊 mitome tsukasa 7月号】
特集「身近なところからデザインの題材を発見! mitome tsukasaの作品ができるまで」

デザイン

mitome tsukasaの作品は、草花の線や水の流れ、泡の現象を主なモチーフとしている。女性らしい繊細なラインは、まるで金属の水滴が滴ってくるかのように滑らかで手触りが良い。その作品の多くに具体的なモデルはなく、普段から写真をあまり撮らないというmitomeさんの写真フォルダはゼロに等しいというから驚きだ。「作品を手にした人の直感のままに感じてほしい。ふんわりおぼろげに。曖昧な部分を残して作るんです。何に見えるかはみなさんにお任せします。」という。

acacia(左)とflow(右)の金属原型

代表作のacaciaとflow(上掲)、これらもmitomeさんの頭の中の残像から生まれたデザインであり、どれも華奢な線で造形されている。どの作品にもごろっとした金属の塊はない。その平面的な世界の原点は何か、mitomeさんは次のように語る。

「まずは、性格というか、趣味なのか。線と線を結んでいくのが心地よくて。手のひらに収まる細かいものを作るのが性に合ってるかなと。そして何より影フェチです。木を見るとき、その木の枝ぶりを見るのではなく、その枝が落とす影を見るのが好きなんです。植物にしろ、鳥にしろ、ニュートラルで体積のない影からヒントを得ることが多いですね。」

房となった黄色い小花が愛らしくも上品な、ディルの花

今年のもみじ市テーマは“DISCOVERY〜発見〜”ということで、三留さんが普段することのない植物採集に出かけてくれた。身近な自然から発見しようと向かった先は実家の畑。ディルをモデルに決めるにはさほど時間を要さなかった。今年のもみじ市で新作として発表できるようにデザインを起こしていく。

mitomeさんのスケッチブックを覗かせてもらう。左上が今回のディル

茎を描いて、花を足して、ディルの特徴をまとまりで表現していく。何通りか描いて、最終的に存在感のある大ぶりなディルのネックレスと、指輪の原画を描いた。ここからmitome tsukasaの代名詞「ろう(ワックス)」を用いた原型作りにつながっていく。「最近は緑色がお気に入りで……。」デザインを描くときは緑色が一番しっくりくると言う。ちなみに紫色も好きだそう。mitomeさんの目には影が紫色に写っていると言うから興味深い。

(編集・丸本菜穂)

《次号予告》
ラインワックスで原型を作る


【月刊 mitome tsukasa 8月号】
特集「mitome tsukasaの作品ができるまで ラインワックスで原型を作る」

デザインが決まると、mitome tsukasaの代名詞「ろう(ワックス)」を用いた原型作りが始まる。太さの異なるラインワックスをハンダゴテで溶かしながら、点と線を繋げていく。作業中は、溶け出すろうの気持ちになって“結合”していくイメージを膨らましているのだとか。これまで数百点の作品を生み出してきた三留さんでも、1日かかるこの工程。普段お目にかかれない緻密な手仕事を、どうぞご覧ください。

1mm〜1.5mmの太さのラインワックスを使い分ける

『ネックレス』

デザイン画の上でワックスを形どる。指で丸めた玉を小花として並べる
茎となる線を引き、一輪の花に

ろうのパーツ同士が溶け合って、茎と花が合体。艶も出た

『フリーサイズ仕様のリング』

フリーサイズ仕様のリングも制作してくれました

ラインワックス原型の完成

緻密な工程に、ハンダゴテを持つ手が震えることもあるのという。目を凝らし、震える手をもう片方の手で支える三留さんの様子が思い浮かんだ。今号では、精密鋳造で金属を流し込む“道”が完成しました。次号では、作り手以外が目にすることは滅多にない、ゴム型をご紹介します。

(編集・丸本菜穂)

《次号予告》
緻密な構造! ゴム型の紹介