ジャンル:CRAFT,出店者紹介

norioはんこ店

【norioはんこ店プロフィール】
1981年生まれ。京都精華大学にて日本画を学ぶ。2005年より雑貨店やカフェなどをベースに“その場でオーダーを受けはんこを制作する”というスタイルで活動を始める。これまでに手がけたハンコはなんと2万個をゆうに超え、中には、「結婚記念に」、「こどもが生まれた記念に」、と人生の節目にや、家族の歴史を残すためにnorioさんの元を訪れる方も。「手がけたハンコは、押される度に小さな幸せを生んでいるのだろうな」と思わずにはいられない、終始ニコニコとハッピーオーラをまとうnorioさん。担当の柴田は取材でお会いする度に、その笑顔から元気と幸せをおすそ分けいただいておりました!

http://www.noriohanko.com/


『月刊 norioはんこ』記事一覧

7月号「norioはんこのできるまで〜デザインを決める〜」
8月号「norioはんこのできるまで〜彫る〜」
9月号「norioはんこのできるまで〜押す〜」

【月刊 norioはんこ店 7月号】
特集「norioはんこのできるまで〜デザインを決める〜」

全4回の「月刊 norioはんこ店」では、ハンコが実際にできるまでの一連の工程をお届けします。norioさんに取材で、作家としての経歴や活動、制作方法をお聞きしているうちに、「実際に柴田(担当/筆者)さんのハンコを作って、それを記事で紹介したら面白いし、来てくれるお客さんもイメージしやすいやん!」と。そんなnorioさんのひと言から、この企画が走り出しました。どのイベントでもすぐに予約一杯になってしまうnorioさんに、取材の一環でハンコを作っていただけるなんて、なんという幸運な役得!! 担当としてもワクワクの詰まった「月刊norioはんこ」スタートです! 創刊号の今月は、ハンコの絵柄ができるまでをご紹介します。

対話から生まれるハンコのモチーフ・デザイン
norioさんのハンコは全てオーダーメイド。依頼主と顔を合わせて話をしながらモチーフを決めていきます。こんなデザインを入れてください! とリクエストされる方がいる一方、どんなテイストにしようか、なにをイメージして決めたらいいのか、見当もつかない方もいらっしゃるそう。そんなときは、norioさんとその方の対話(おしゃべり)から、自ずとハンコのデザインが決まってゆきます。ハンコは、そもそも持ち主の「しるし」となるもの。依頼主がハンコで伝えたい新たな「しるし」には、なにがふさわしいのか。それを汲み取るには、なによりも依頼主の第一印象、会った瞬間の雰囲気を感じることが大切だとnorioさんは話します。

今回も、norioさんと向かい合って座ると、ささっと鉛筆を動かし始めました。
「まずは腕慣らし。柴田さんのイメージ!」と冒頭から、キュンとするイラストを書いてくださいます。

norioさん「柴田さん、はんこ作ったらどこに押したいってのはありますか? そこ決めてからデザインと大きさ決めましょうかね。」

柴田「うーん、名刺やカードにさりげなくも少し私らしさを加えられるような、そんなハンコがあったらな、と思います。それから、この先歳を重ねても長く使い続けられるようなデザインだと嬉しいです。」

norioさん「なるほど。好きなもの、モチーフとして思い浮かぶものは?」

柴田「名前の“真帆“は帆船にちなんでいるんです。ですので、船やヨットがいいかな、と。」

norioさんnorioさん「柴田さん、地元も海辺だって言ってたし、ぴったりですね! そうしたら、ヨットでいくつか描いてみましょう……。『かっこいい』『可愛らしい』『少し抽象的』、どんなテイストが柴田さん“らしさ“になりますかね〜。」


この中から1つ、実際にハンコになるのはどのデザインでしょう。

今月の1枚

愛娘、わかちゃんも興味津々。ほほえましい制作風景です。

(編集・柴田真帆)

《次号予告》
norioはんこのできるまで〜彫る〜


【月刊 norioはんこ8月号】
特集「norioはんこのできるまで〜彫る〜」

彫刻刀一本から生まれるはんこ
前号で5種類ものデザイン案を出してくださったnorioさん。

悩みに悩み、選んだのはこちら。

風を受けて、いっぱいに膨らんだ帆のヨット。船体にはすきな数字、その下に波を模したデザインで名前が入ります。押すときのインクの色次第で、かわいらしくもかっこよくも印象づけられそうなニュートラルなデザインに惹かれて決めました。

はんこの土台となるゴム版にこの図案を転写すると、右手に彫刻刀、左手にゴム版を持ち、ためらいなく手を動かしはじめるnorioさん。はんこを彫るために使うのは、図工や美術の時間に使っていたのと同じタイプの彫刻刀です。

まるでペンを動かすかのように、さらさらと彫刻刀が図案をなぞります。迷いのないスピード感。印象としては“はんこの線を彫る”というより、“ゴム版の中から図柄の周りの余分なところを取り除いている”ように思えました。

わずか5分ほどで、平面だったデザインに凹凸が生まれ、はんこに。これを土台となる角材に付けると完成です。彫りの工程のあまりの速さに驚く柴田に、norioさんは「デザインを決めるまでが一番時間をかけて、そこが決まれば、あとはあっという間なんです。料理で言えば下準備(素材を選んで、切って、下味つけて……)は時間をかけるけど、あとは鍋に放り込むだけ、みたいな感覚かな」と、くしゃっと笑って答えてくださいました。

次号では、いよいよこのはんこを押してみます。norioさんのはんこの特徴の一つでもある色使いで、どんなヨットが紙の上に登場するのか……。個人的にも待ち遠しくてなりません。

今月の1枚
愛娘、わかちゃんもnorioさんがはんこを作っているときは、幼心ながら“お仕事中”とわかっているのか、そっと見ています。

(編集・柴田真帆)

《次号予告》
norioはんこのできるまで〜押す〜