ジャンル:CRAFT,出店者紹介

緒方伶香

【緒方伶香プロフィール】
1969年生まれ。印刷会社のアートディレクションやアパレル会社でのテキスタイルデザインを経て、現在は羊毛を使った活動を行う。2007年よりもみじ市に出店しており、今年で11年目を迎える。ふわふわの羊毛を特殊な針で刺し固め出来上がるのは、どこかとぼけた表情が愛らしい動物たち。最近では動物だけでなくいろいろなものも作っているのだとか……。いったいどんなものを作っているかは、この連載でご紹介していくので、ぜひチェックしてくださいね!
http://hopetosa.com/


『月刊 緒方伶香』記事一覧

7月号 第1回 「糸を紡ぐこと、織ること」
8月号 第2回 「テキスタイルデザイン、イラストレーション」


【月刊 緒方伶香 7月号】
特集「羊毛だけじゃない!? 緒方伶香の魅力を大解剖!」

もみじ市や布博など手紙社のイベントで人気を博す、羊毛作家・緒方伶香さん。どうしても羊毛の手しごとの印象が強いですが、実は彼女の活動は多岐にわたります。今回のもみじ市では各方面で活躍する緒方さんの姿を4回に分けてご紹介していきます。

第1回 「糸を紡ぐこと、織ること」

▼糸を紡ぐ
もみじ市では羊毛を使用したワークショップを行っている緒方さん。ふわふわな羊毛から作るのは、動物だけじゃないんです! 糸も紡いでいます。今回は、いったいどのようにして糸を紡ぐのかを教えていただきました!

今回は緒方さんがお気に入りだというメリノ系の羊毛を使って糸を紡ぎます。繊維が細いのにも関わらず、弾力があるのが特徴で、真っ白ではなく、生成色なのも緒方さんが気に入っている理由のひとつ。弾力と張りのある羊毛のことを業界では「バルキー」と表現するそうですが、この毛はまさに“バルキー”なんだそう。

刈り取った羊毛の状態、グリージーフリースから直接紡ぐこともできますが、今回は、羊毛を棒に巻きつけて筒状にした「ローラッグ」という状態を紡ぐ様子を見せていただきました。

「ローラッグ」を作ったら、いよいよ羊毛を紡いでいきます。紡ぎ車は、小さなコマのようなスピンドル、足踏みの紡ぎ車などいろいろありますが、緒方さんが愛用している紡ぎ車はhansencraftsという会社の電動紡ぎ車「ミニスピナー」。洗練されたデザインもさることながら、機能も素晴らしく、とにかく場所を取らず早い! ということで、長年使ってきた手動の紡ぎ車に加え、今年から導入したのだとか。

 

静かにゆっくり回り始める「ミニスピナー」。回転と同時にローラッグ状の羊毛に撚りが伝わります。そして、ある程度溜まった撚りを、ゴムの様に引き伸ばして糸にします。この時、抵抗を感じながら羊毛を引き延ばし、更にしっかり撚りをかけることで、中にたっぷり空気を含んだ柔らかくも強い糸が完成。このような工程を経て出来上がった糸のことを「紡毛糸(ぼうもうし)」呼び、メリノ種で作った紡毛糸は弾力があり暖かくちくちくしないので、セーターや帽子などを作るのに向いているのだとか。

現在、緒方さんは手動の紡ぎ車と電動の紡ぎ車を1台ずつ所有しているそうで、電動を導入してからはその手軽さの虜に! 冬にはこたつの上でもできるそうなので、今はすっかり電動紡ぎ車の気分なのだとか。

 

▼糸を織る

紡いだ糸を使い、織りも行います。この織り機は、緒方さんが木工職人さんに頼んでオーダーメイドで作ってもらったもの。初心者でも20分ほどあればコースターが織れる代物です。バイアス織りもできるこの織り機の説明紙も緒方さんのお手製。緒方さん自画自賛!? の分かりやすさです。コースターをたくさん作っておいて、接ぎ合わせてマフラーを作っても楽しそうです。

近年は、小さくて手軽にパッとできる機械にシフトチェンジしているのだとか。小さく手軽な道具が流通するというのは、それだけ糸紡ぎや織りが一般的になってきた証拠。その一歩先をいく、緒方さんの活動に今後も注目です!


第2回 「テキスタイルデザイン、イラストレーション」

▼テキスタイルデザイン

手紙社のイベント「布博」でも、羊毛フェルトのワークショップで出展いただいている緒方さんですが、実は布博の王道を行けるようなテキスタイルも制作しています。左の「お結びパンダ」は、上野の百貨店で催事をした際に作ったもの。この他にもパンダ柄のてぬぐいを作っており、消しゴムハンコで描くパターンの細かさにかなり苦戦したのだとか。右の「絶滅危惧種」ハンカチは、緒方さんが羊毛フェルトで作り続ける絶滅危惧種にピントを当てたハンカチです。今まで作ってきた動物たちを落とし込んだハンカチは、ただ可愛いだけではなく「この動物も?」と気づかせてくれる1枚。緒方さんの娘さん(高校2年生)のお友達にも大人気だそうです。

大学時代、染織を学んでいた緒方さんは、卒業後に子供服の会社でテキスタイルデザイナーとして活躍。昔から絵を描くことが大好きと語る緒方さんは、これからはテキスタイルデザインやイラストのお仕事にも積極的に取り組んでいきたい、と意気込んでいらっしゃいます。

 

▼イラストレーション

もみじ市ではいつも羊毛フェルトのワークショップを行ってくださる緒方さん。どんな動物にするか決める際は、まずイラストを描いてイメージするのだとか。羊毛のようにさまざまな色をブレンドしてイメージを膨らまします。

他には挿絵のお仕事も! これは緒方さんが参加する映画サークルの冊子に掲載されたイラスト。コラムとともに、映画の1シーンの映画の1シーンを描写しているのだとか。いつも見慣れている緒方さんのタッチと違い、新鮮です。


もちろん、著書の挿絵も緒方さん作。右側の『』は、羊毛の品種ごとに羊を描いており、描き分けが難しかったのだとか。どのイラストもとてもリアルでイラストにスポットを当てても見応えがある一冊です。

(編集・鈴木麻葉)