ジャンル:ILLUST&DESIGN

すげさわ かよ

【すげさわ かよプロフィール】
色鉛筆や貼り絵を用い、世界の文化や町並みを描くすげさわ かよさん。旅からインスピレーションを受けて作品を制作するという彼女は、大学在学中のフランスへの滞在をきっかけに、旅の魅力に気づき、これまでに20ヵ国以上を旅したことがあるそうです。その経験を生かし、『北欧トラベルダイアリー』(河出書房新社刊)、『ブルガリアブック』(ダイヤモンド社刊)など、イラストエッセイも多数出版。もみじ市では、理想の旅をイラストにしてお届けする、「空想旅行代理店」をオープン。すげさわさんの描く異国の町並みには、大人も子どもも、心をときめかせずにはいられません。
https://i.fileweb.jp/sugesawakayo/

【月刊 すげさわ かよ 7月号】

Sugesawa Kayo’s Souvenir shop: from Paris

すげさわ かよのスーヴニールショップへようこそ!
今月はパリからお届けいたします

旅をこよなく愛するイラストレーター・すげさわ かよさんから、もみじ市を楽しみにしているみなさんに宛てて、旅のお便りが届きました! 今月は、過去に2年ほど住んでいたこともあるという、パリからのエアメールです。旅からインスピレーションを受け、作品を作るというすげさわさん。愛らしい雑貨の数々は、どんな旅の思い出から生まれたのでしょうか。彼女の“あこがれの街”、パリから届いたお手紙を、愛らしい雑貨とともにご紹介いたします。

 ————————–

 

みなさん、こんにちは。
読んでくださり、ありがとうございます。

もみじ市に並べる雑貨ができるまで、のことを
旅好きな私が訪れた、大好きな国々から送るこの手紙で、
お話していきたいと思います。

まずは、フランスのパリから。

パリには、街のあちこちにお土産屋さん「Souvenir shop」があり、よくのぞいていました。
そして、エッフェル塔に凱旋門、ベレー帽やフランスパン……、
そんな「パリ」そのもの(!)をモチーフに作られた、
わくわくするようなお土産「Souvenir」を、
見たり買ったりすることが楽しみになりました。

大好きな街ごとすっぽり持ち帰れるような、お土産品。
そんな、旅の思い出をいつも思い返せるような絵を描いて、
それをもとにいろいろな雑貨が作ってみたい……。
「Souvenir shop」にある「旅のお土産品」が、私のものづくりの目標です。

パリは、こんな絵が描きたい、雑貨が作りたい、という
夢をあたえてくれた、あこがれの街。

すげさわ かよ

 

 ————————–


Objet. 1 トリコロール・バンダナ
「パリを歩いていると、エッフェル塔や凱旋門など歴史あるモニュメントに出会います。それらをフランスの国旗色の貼り絵にしました。お土産屋さんの定番、『ご当地スーヴニール・バンダナ』のイメージ!」

Objet. 2 パリのマスキングシール
「マカロン、メリーゴーランド、ベレー帽の女の子etc. 旅先のパリで見つけたかわいいものをスケッチするように、色鉛筆で描きました。マスキングテープと同素材の、和紙の風合いが楽しめるシールです。」


Objet. 3 『パリで暮らしてみた いろいろ絵日記 』(大和書房)
「パリ暮らしの日々のあれこれを絵と文で描いた、はじめて出版した本。パリのスーヴニールショップやお土産品のことも描いています!」
*在庫無しのため、こちらの書籍はもみじ市ではお取り扱いいたしません。

 
美大生時代、フランス映画やフランスの町並みに夢中になり、語学学校にも通っていたというすげさわさん。当時、友人を訪ねて初めて訪れたパリは、毎日が新鮮で「旅をモチーフにイラストを描きたい!」のきっかけになった、憧れでもあり、思い出深くもある街。今の彼女の作品の大事な源こそ、このパリの都にあるのです。

(編集・本間火詩)