ジャンル:OYATSU

WOLD PASTRIES(14日)

【WOLD PASTRIESプロフィール】
東京都町田市、のどかな田園風景の中に、WOLD PASTRIESこと鰤岡さんの4畳半ほどのアトリエは現れる。店舗を持たないWOLD PASTRIESのお菓子は、インターネットで受注を開始すると全国から注文が殺到し、即完売してしまうほどの人気ぶりだ。鰤岡さんのお菓子の特徴は“自然体”であること。甘さ、香り、大きさ……どれを取っても心地良い。わたし(担当・丸本)のお気に入りは、メレンゲ菓子の口溶けが楽しい「カルダモン&カカオのムラング」。そして、なんでも笑い飛ばしてくれる鰤岡さんの爽快な人柄も。当日は鰤岡さんとの会話に花を咲かせながら、お菓子選びをどうぞお楽しみください。
https://www.instagram.com/woldpastries/

【月刊 WOLD PASTRIES 7月号 】
特集:季節のタルト〜7月編〜

美容師の道から一転、お菓子の世界に飛び込んだ鰤岡さんは、カフェレストランで修行していた過去がある。初めは簡単なマフィンや、味を想像しやすい「ニューヨークチーズケーキ」といった定番のケーキを担当していた鰤岡さん。次第に見た目だけではわからない味の奥深さを持つ“焼き菓子”に魅了されていきました。そして、焼き菓子の中でも特に難しいとされるタルト作りを夢にお菓子作りに邁進していくことになるのです。『月刊 WOLD PASTRIES』では、そんな鰤岡さんにとって特に思い入れの強いタルトを、夏から秋へ変わって行く季節の食材とともに紹介していきます。

7月のタルト:ルバーブクランブル
鰤岡さんのタルトコレクションから外せないのがルバーブのタルト。お菓子作りの基礎から教えてもらっていた“師匠”との思い出の味なのだという。当時マイナーな食材であったルバーブを教えてもらって以来、毎年夏になると必ず作る定番商品。

思い出のルバーブクランブルタルト

まずは、馴染みのない方もいらっしゃるであろうルバーブの紹介から。ルバーブは、特有の香りと酸味を持つタデ科の野菜で、見た目はフキのよう。日本では北海道や長野県など涼しい地域で栽培されており、5月から9月頃が収穫時期。

見た目はフキのよう、鮮やかな赤色が目を引く

加熱すると短時間で溶けてしまうため、一般的な料理にはあまり使われず、おもにジャムやお菓子作りなどに使われる。

砂糖とレモン汁で煮詰めると真っ赤なジャムの完成

「当時、師匠は緑色のものを使っていましたね。それも、新鮮なルバーブは貴重で冷凍のものしか流通していなかったような。わたしは長野県産の生ルバーブを取り寄せています。色は赤を。綺麗な色が出るんですよ。」と鰤岡さん。

デコレーションも自然体にこだわって

「タルトは、酸味のある食材とよく合います。」と鰤岡さん。ラズベリーに似た爽やかな酸味をもつルバーブジャムを使用したタルトは、WOLD PASTRIESでは例年6月〜7月にお目見えする。食材の入荷状況によって扱うお菓子は不定期に変わるため、インスタグラムの受注情報、イベント情報は要チェックです!

(編集・丸本菜穂)

《次号予告》
8月のタルト: ブルーベリー