ジャンル:CRAFT,出店者紹介

八重樫茂子

【八重樫茂子プロフィール】
神奈川県小田原市、自宅の一室の半分を占領するような大きな織り機を前に、日々を過ごす八重樫茂子さん。2000年の北欧への留学をきっかけに織りと出会いました。その楽しさに触れて以降、日本とスウェーデンで織りを学び、現在は日々織り機と向き合う毎日を過ごしています。彼女の作る作品は、暮らしの中で出会った好きなもの、心地よいと感じたものなど、「毎日の好き」が貯まってできた形。好きなものを源に、「楽しい!」と夢中になって織り上げる作品は、生き生きとした輝きに満ち、不思議と身につけた人の笑顔を引き出してしまうのです。
http://attaekar.blog101.fc2.com/


『月刊 八重樫茂子』記事一覧

7月号 特集「ショールとマフラー」
8月号 特集「床マット」



【月刊 八重樫茂子 7月号】
特集:ショールとマフラー

毎日織り機に向かい、「織りは日常」と笑って話す八重樫さん。彼女の手から生まれる作品は、日々の中で感じた“好き”が蓄積して生まれた“なんとなく”を形にしてできるのだそう。そんな本人にしか、いえ、本人にもわからない、彼女の感性と作品との関係性。それはいったいどんな風に作品に表れているのでしょうか? “八重樫茂子”の感性に迫るべく、彼女の作品の全貌をご紹介します。


八重樫さんの代表作といえば、きっと多くの人が一番にこの2つを挙げるのではないでしょうか。縦にラインの入った、小花の織り模様が愛らしいショールとマフラー。6月下旬から、翌年の3月末まで、間に他の作品も挟みながら、けれど1年の半分以上を、彼女はショールとマフラーを織って過ごすのだそう。似ているようで、違う二つ。形だけではなく、色や柄なども異なります。だけど実際、どんな風に違っているのでしょうか?

 

ショール
まだ作家活動を始めたばかりの、2008年頃から変わることなくずっと織り続けているというショール。きっかけは、自身の母に織ってあげたことなのだとか。幅広のショールは軽く羽織るだけでもふわりと暖かく身体を包んでくれます。

織り模様は2種類。主に織られている小花模様のほか、2016年のもみじ市から登場した「ユキノソラ」という模様があります。雪が止んで、晴れた青空のような美しい図柄です。

 


現在のカラーは全部で7色。一番最初に織った際は紫と緑の2色のみで、そこから少しずつ増えていきました。ここには並んでいるものの他、過去に作られていたカラーもあったそう。織り続けるかどうかはその年の感覚で決めるため、来シーズン同じ色が並ぶかどうかは彼女自身にもわからないのだとか。手に入る時期も10月のもみじ市の頃〜1月頃までだけだというので、気になる色と出会ったら、逃すことのないよう気をつけて。

 

マフラー


マフラーは、ショールよりも少し細身で、端のフリンジの丈が長いのがポイントです。ボリュームが出過ぎずさらりと巻けるので、男性にも愛用者が多いのだとか。


こちらも織り模様は2柄。ショールと同じ模様(上)と、小花のような模様が縦に並ぶ図案があります。8色展開の中で、この織り模様が使われているのは黄色のマフラー1点のみ。さりげない違いに遊び心が感じられてなんとも愛おしくなります。

 


現在使われているカラーは8色。マフラーは色鮮やかな緯糸だけでなく、経糸も白、ベージュ、グレーとさまざま。緯糸を途中で変えたバイカラー(写真右手の青と白、右から3点目のグレーと白のもの)などもあり、色遊びが楽しめます。「ショールとマフラー、同じ色は織らないんですか?」と尋ねると、それぞれにピンとくる色が違うのだそう。並ぶ図案や色柄が、そのまま八重樫さんの感性を映しているのかもしれません。

アイテム、図案、色などに対して、「満足すると織るのをやめてしまう」という八重樫さん。織り続けていると、「もう、これはいいかも」と思うタイミングがあるのだそう。そんな中でマフラーとショールは、八重樫さんにとっても特別な存在。こんなに長く織り続けているものは、他にはないといいます。「変化は突然だからね」と笑いながら、彼女は織り機に向かい、今年もマフラーとショールを織りはじめます。

 

八重樫茂子 今月の「好き!」
作品作りの源になっているという、八重樫さんの「好き」。今月のハイライトをお届けします。

最近ハマっているのは、Eテレ! 朝ごはんの時に見ているのだけれど、ピタゴラスイッチとか、何回見ていても飽きません。あと嬉しかったことはね、さくらんぼと枇杷。春頃に散歩をしていて、サクランボの木を眺めていたら、「食べてきな」って赤くて綺麗なサクランボをもらいました。そして先週、別のところを散歩していたら、枇杷の収穫をしているところに出会って、枝つきのまま、枇杷をもらいました。なかなかないでしょう。嬉しかったです。 (八重樫茂子)

(編集・本間火詩)

次号:床マット



【月刊 八重樫茂子 8月号】
特集:床マット

床マット
春から初夏へと差し掛かる季節。1年のうちこの時季にだけ、織り機には細く張りのある麻の糸が掛かります。緯糸にしっかりとした羊毛を通して出来上がるのは、ふっくらと立体的な模様の床マットです。この床マットの魅力は、経糸と緯糸の太さの違いによって生まれる立体感。羊毛を使った作品には冬のイメージがありますが、この床マットは経糸に使う麻がさっぱりとした表情を作り出すので、季節を問わず活躍します。ほんのりと汗ばむ7月の始めに取材に伺った際も、玄関先で涼しげな顔をして出迎えてくれました。

床マットは6、7年前から織り続けられている八重樫さんの定番品。こちらの大きな花模様は、制作初期から取り入れられているそう。実はこの写真の上部と下部の作品、どちらも同じ柄の表と裏なのに気がつきましたか? 大きな柄の床マットだからこそ楽しめるのが、このリバーシブルな表情の違い。経(タテ)と緯(ヨコ)、糸の太さの違いも相乗効果となり、裏返すだけで全く新しい顔が覗くのです。

 

鮮やかな暖色系をメインに織られている大花模様。バイカラーの切り替えに注目です。先月ご紹介したマフラーと違い、八重樫さんが「この辺かな?」と思ったところで自由に緯糸を変えるので、実は同じ色、同じ切り替えの作品は滅多に出来上がらないのだそう。同じ色の組み合わせでも、端っこで切り替えたり、中心の辺りで変化したり……時には1つの床マットの中で2回の切り替えをすることも。長さも少しずつ異なるので、お部屋のイメージにピタリとくるものを探してみてくださいね。ちなみにこちらの大花模様、八重樫さんから「そろそろ、いいかも?」といたずら気なつぶやきも。結果は、来年の春の八重樫さんのみぞ知る……。気になっている方、今年は見逃せませんよ!

4年ほど前から織られているというもう一つの模様は、表と裏でさらにググッと印象が変わります。整然と並ぶ格子模様が目立つ面と、ぷくりと浮かび上がる花柄の面。図と地の反転がよりはっきりと感じられ、まるで違った顔を見せてくれます。

萌黄色からはなだ色へのグラデーションが美しい、寒色系のカラーバリエーションは、どこか澄まし顔。こちらは単色のみで織られているそうです。

 

床マットは、年に一度、春から初夏にかけてまとめて1年分を織ってしまうそうですが、ショールやマフラーには使われない硬く“手強い”糸を用いた織り物なので、普段は小気味良い音を立てる織り機から、「ドスンドスン」という音が聞こえてくるのでは、と思ってしまうほどの体力勝負なのだとか。しかし、そうしてしっかりと織られた作品は、足元から毎日の暮らしを支えてくれるのです。

 

八重樫茂子 今月の「好き!」
八重樫さんの「好き!」を紹介するミニコラム。今月のハイライトは、夏の風物詩のようです。

最近の思い出は……、小田原の花火大会かな? 家から歩いて行けるんです。おにぎりや唐揚げ、ビールなんかを持って、夜のピクニック! 「みんなでバーベキュー!」なんてワイワイするわけではなく、ただ淡々と歩いて見るのだけど、人混みから離れてゆっくりと花火を眺める時間が、毎年8月にじんわりと嬉しいんです。川向こうの屋台のきらきらとした灯りを眺めたり、「近くを通る電車に乗っている人たちは花火を見れたかな?」って考えてみたり。派手なお祭りではないけれど、なんだか楽しいお祭りに、ささやかな贅沢を感じる夜でした。 (八重樫茂子)

(編集・本間火詩)

次号:ピクチャーシリーズ