ジャンル:BREAD

パンと器 yukkaya

【パンと器 yukkayaプロフィール】
陶芸家・粕谷修朗さんと、パン職人・奈津子さんご夫妻が営む「パンと器 yukkaya」。私(担当:富永)も、府中市分倍河原の店舗に通うファンの一人です。修朗さんが作る美しい器が並び、奈津子さんが焼く美味しいパンの香りに包まれる店内は、その場にいるだけでも幸せな気持ちに。足を踏み入れた人を「おかえりなさい」と迎えてくれるような、あたたかな空気が漂います。食べることが大好きだというお二人は、普段の何気ない会話からお互いの新作のヒントを得ることも多いんだとか。先日取材をした際にもワクワクするアイディアが生まれ、当日どんな“DISCOVERY”が表現されるのか、心から楽しみになりました!
※パンは13日のみ、器は両日販売します
http://yukka-ya.jugem.jp

【月刊 yukkaya 7月号】
特集:yukkayaのパンと器
料理を引き立てる器と、毎日食べたくなる素朴な味わいのパン。2つが寄り添いお互いの魅力を引き出し合う姿は、粕谷さんご夫妻の関係性をそのまま表しているかのよう。おふたりから届くパンと器のたよりとともに、もみじ市で出会えるものをひと足お先に予習してみませんか?

●どんな料理も引き立てるシンプルな器と季節のパン

修朗さん:けやき灰八角皿。修業中から独立後もずっと轆轤(ろくろ)の仕事でしたが、以前から作りたかった「型もの」を今回初めて挑戦しています。けやき灰の透明感と乳濁した色がとてもきれい。パンでも青菜でもフルーツでもおいしそう!

奈津子さん:パンは、もみじ市2018限定で作る「栗と白あん」。白いんげんを使った自家製の粒あんに、栗の渋皮煮を全粒粉のパンで包んでいます。


修朗さん:そば猪口。原土を加えた土を使っているから鉄分が黒い点になって出ています。シンプルだけどひとつひとつ表情が違うので、もみじ市会場で手に取って選んでいただきたいです!

●見事なしのぎの器と酵母パン

修朗さん:定番で作っている「しのぎ皿」。1本1本の筋をカンナで削ります。白とグレーの2色を作っていても、やっぱり白の方が人気がありますが、グレーのお皿って乗せた食べ物の色合いがとてもきれいに映えておいしそうです。

奈津子さん:パンは、ライ麦酵母のパンドカンパーニュ。軽くフライパンでトーストして季節の野菜を挟むだけでとってもおいしい!


修朗さん:「しのぎ皿」の白。1本1本手で削っていても、均等で歪みの少ない美しいしのぎを作りたい。時間はかかるけれど、大切な作業です。

奈津子さん:トーストは全粒粉の山型食パン。全粒粉の酵母です。

●会話から生まれるアイディアの種
「パンと器 yukkaya」に並ぶのは、修朗さんと奈津子さんの日常の会話から生まれたアイディアの結晶です。「ドーナツ型のお皿があったら面白い」「長いお皿があったら便利だね」ふと出た言葉にワクワクする発想をプラスして、作品のイメージを具体化していくお二人の会話は、思わず参加したくなるような心地良いリズム感。ふとしたアイディアから、驚きの新作が生まれるなんてことも……!?  どうぞお楽しみに!

(編集・富永琴美)

<次号予告>
「パンと器の生まれる場所」