ジャンル:FOOD

ヘブンズテーブル(14日)


【ヘブンズテーブルプロフィール】
毎週金曜日、午前十一時半。埼玉県、川口駅から7分ほど歩いた住宅街の一角に、ひっそりと行列が生まれます。人々を惹きつけるのは、香ばしいパンの香り。その香りの主こそ、ヘブンズテーブル店主・トミヤマトモミさんの作る自家製酵母パンに他なりません。野菜、果物、お茶にお米、さまざまな素材の酵母を使った風味豊かなパンは、一度食べたらやみつきになること間違いなし。私(担当:本間)は、毎年冬に販売するシュトーレンを今から心待ちにしています。もみじ市ではパンの販売の他、四季折々の食材を活かしたフードメニューや、酵母を使ったドリンクも楽しむことができますよ。“自家製酵母クイーン”と名高いトミヤマトモミさんと、もみじ市の応援歌を歌うカズヤスマキさん、お二人のベストコンビネーションは、第一回のもみじ市から人々のお腹と心を満たし続けています。
http://www.f6.dion.ne.jp/~h-table/h-table/

【月刊 ヘブンズテーブル 7月号】
特集:ヘブンズテーブルと台湾
もみじ市12回目の出店となる、ヘブンズテーブル。新たな可能性を探求し続ける彼らが、今最も注目しているのは「台湾」でした。

夕餉の時間。埼玉県川口市にあるアトリエに取材に伺った私(手紙社・本間)を迎えてくれたのは、トミヤマトモミさん、カズヤスマキさんのお二人と、ずらりと並ぶ台湾料理。

最奥から、苦瓜と煮干しの豆豉(※)炒め、皮蛋豆腐、牛肉とモヤシの辣油和え、干し大根のオムレツ ※豆豉…台湾の調味料。黒豆に塩を加え、発酵させたもの

ここにある料理は、全てトモミさんのオリジナルレシピ。台湾で実際に口にした料理を再現したものだそうです。これまでも手紙社のイベント「東京蚤の市」で台湾料理を披露してくれたり、肉まんの商品開発に携わったり……と何かと台湾に縁深いヘブンズテーブル。その縁は、どこから始まったのでしょうか?

台湾と私

取材の日、素敵な料理を振舞ってくれた、ヘブンズテーブル店主・トミヤマトモミさん

17、8年前、初めて台湾を訪れてから、今では1年半〜2年に一度は台湾を訪れるというトモミさん。そのきっかけは、自身で開いていたパン教室の生徒である、1人の台湾人の女性との出会いだったそうです。

「ある時パン教室に『外国人だけど参加できますか?』と台湾の方から問い合わせが来たんです。その後、実際にパン教室に参加してくれて親しくなり、一緒に台湾に行きました。彼女に面白さを教えてもらってから、すっかり台湾にハマってしまったんです」

曰く、台湾の魅力は、ずばり「食べ物」。食事をするところがとにかく多く、どれもとても安くて、しかも夜遅くまでお店が開いているのだとか。料理教室を開いているトモミさんでさえ「台湾にいると料理をしなくてもなんとかなってしまうんですよね」と言うのだから驚きです。

トモミさんが見せてくれた、「金針菜(キンシンサイ)」と呼ばれる、食用の乾物。百合の花を乾燥させたもので、日本では見られないが、台湾ではよく使われているそう。シャキシャキとした食感が楽しめる

「台湾は野菜の種類が豊富で、フルーツもすごく味が良い。特に野菜は、素材の質だけじゃなく使い方もすごく上手いんですよね。塩や醤油だけのごくシンプルな味付けなのに、とても美味しいんです。」

台湾料理はよく“中華料理”と混同されがちですが、実は全くの別物です。中華のように辛い料理はあまりなく、シンプルな味付けが殆どだそう。「世界一のパン屋」と呼ばれるお店も、実は台湾にあるのだとか。美食の国、台湾。なにやら奥が深そうです。

目指すは、烏龍茶酵母

そんなヘブンズテーブルが、今年のもみじ市のテーマ“DISCOVERY”に向けて、定めた目標は「“烏龍茶酵母”の発見」。これまで紅茶やほうじ茶から酵母を作ってきたヘブンズテーブル。しかし烏龍茶は案には出ていたものの、実行されたことはなかったのだそうです。カズヤスマキさんは「『DISCOVERY』(=発見)というテーマを受けた時、馴染みはあるけれど、今までやったことのないことをやってみたい、と思ったんです」と意気込みます。上手く酵母が作れるのかどうか、そしてその酵母がパン作りに適しているのかどうかは、まだわかりません。果たして烏龍茶酵母は見つかるのでしょうか? ヘブンズテーブルが烏龍茶酵母を探す旅が、ここから始まります。

(編集・本間火詩)

次号特集:烏龍茶酵母を求めて
次回はなんと、実際にトモミさんが烏龍茶を求めて台湾へ!? 理想の烏龍茶を探す旅の記録をお届けします。