ジャンル:CRAFT

左藤吹きガラス工房

【左藤吹きガラス工房プロフィール】
1964年大分県玖珠郡出身。那覇市与儀(当時)奥原硝子製造所見習いからガラス工芸を始め、現在は千葉県九十九里にてアトリエを構え制作の日々を送っています。瑞々しくひかりを通すガラスは、見る人の目を奪い、その確かな重みとともに心に残ります。
http://www2.odn.ne.jp/tebuki/

【月刊左藤吹きガラス工房 7月号】

特集「食とうつわ」
新しいお皿を選ぶ時、どんな料理に使おうかと考えを巡らせるのも楽しみのひとつ。今回は左藤さんの作品の中から2点を、器に合う料理と共にご紹介いたします。ガラスそのものも美しいですが、料理がさらに「容れ物」としての魅力を引き立てるのです。

【ピクルス(クリア)】
「ピクルス」という名前の器には、素直に、野菜のピクルスを盛ってみました。2017年から制作し始めたというこちらは、漬物や一人分のサラダにぴったり。冷製スープなども合いそうです。

-左藤さんより-
同じ形で蕎麦チョクくらいのフリーカップをずっと作ってきましたが、
それなりに量があって汁気があったりする、
まさにピクルスのようなものを無造作にポンと突っ込めるよう、
さらにフリー対応な形になっています。
浅漬けやその他の漬物全般、私はクッキーや駄菓子なんかも入れたいですね。

【シノア(セピア)】
少し深さのある大皿「シノア」には、左藤さんの奥様お手製の、鯵の南蛮漬けを盛り食卓のメインに。汁気のある果物や、この時期には冷やし中華にもよさそうです。モール模様の光がテーブルに落ちる姿も涼やかです。

-左藤さんより-
真冬でも冷やし中華を食べる愛好家がいると聞き、
うちの技術では少し難しい深みのある皿に、
コールドシノア略してシノアと名付けています。
写真のセピアのほかクリアと青緑も作っています。

《次号予告》
日々の愉しみに欠かせないもの。「酒とうつわ」をお届けします。

(編集・梶みのり)