TOP > 出店者一覧 > CRAFT > 845

もみじ市2014 845

もみじ市2014 出店者プロフィール

845はハシゴと読みます。 845は木工作家藤本雄策とイラストレーター平田茉衣による制作ユニットです。 基本的には木材そのままの色を生かし、動くものや飾るものをメインに制作しています。 <時間がつなげる、時間につくられる>という思いを持ち、時間によって得られる変化を楽しみながら、 長いあいだ大切にしていただける作品を制作すべく、日々活動しています。

もみじ市2014 845

もみじ市2014 3つの質問

Q.1. 今回のテーマに込めた思いを教えてください。

テーマ:「鳥と男」
多摩川河川敷という青空とみどり色の映える場所で、たくさんの方に観て、触れて楽しんでもらいたい。

この場所でどんなことをしたら素敵だろうと考えたとき、思いついたのが”トリを飛ばす”ということでした。

845らしい物語を楽しんでいただきたいです。


Q.2. 当日はどのようなディスプレイで楽しませてくれますか?

鳥と男が出かけていたところワニに出くわす。

ちょっとしたイタズラをワニにする。

からくりで動く人形とお話が楽しめる場所にしようと思っています。


Q.3. もみじ市へお越しくださる皆さまへメッセージをお願いします。

845のブースにはお話が用意してありますので、
ぜひともお話を読んでから、動く作品を見てください。
何か発見があるはずです。色々探してみてください。

今回のお話に合わせて作ったブローチやネームタグ、
お話の小冊子、その他にもテーマに沿った作品を販売予定です。
無着色の木でできたバナナやリンゴも持っていきます。

晴れて河川敷で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。


023_845_Q3_tsuri_ojisan 023_845_Q3_zentai
023_845_Q3_pata_tori1 023_845_Q3_pata_tori2

023_845_Q3_pin_bacchi
023_845_Q3_banana


特別編

先日、845さんのアトリエにお伺いしました。

845さんが織りなす物語。ここから、作品が生まれています。

845

topへ