お知らせ

「もみじ市出店者の“YEARS”」年表を元にインタビュー※9/17更新※

今年のもみじ市のテーマは「YEARS」! ということで、出店者のみなさんの年表記事をお届けします。あの作家さん、このお店の方がどんな日々を過ごしてきたのか、インタビューしてまいりました。もみじ市の出店者さんですもの、それぞれの年表は個性にあふれております。毎日更新していきますので、どうぞお楽しみに。

9/17(火)のもみじ市出店者の“YEARS”!


今やもみじ市でも大人気のハンモックリフレ『HammockRefle Kikuya』。ハンモック×リフレクソロジーという、新しいリラクゼーションの形を構築してきた軌跡をお伺いしました。
http://momijiichi.com/2019/creators/hammockrefle-kikuya
 

自然本来の味をしっかりと感じることのできる天然酵母を使った『きりん屋』のパン。自然体でいながら、力強くまっすぐな、店主・赤畠由梨枝さんに、パン作りのきっかけや想いを教えていただきました。
http://momijiichi.com/2019/creators/kirinya
 

ご夫婦で日本各地の古道具や古雑貨、古家具を集め、骨董市などで活躍中の『houti』。お二人が自分たちのペースで歩んでいる秘訣をお聞きしました。
http://momijiichi.com/2019/creators/houti

《もみじ市出店者の“YEARS”》更新した出店者さんはこちら!

【CRAFT】
安達知江
今江未央
竹中悠記
noriyukiwatanabe
はしもとみお
廣田哲哉
八重樫茂子

【ILLUST/DESIGN】
admi
点と線模様製作所

【ANTIQUE】
houti

【FOOD】
ハナイグチ
ヘブンズテーブル

【BREAD】
onkä
きりん屋
Kepobagels

【ENTERTAINMENTetc.】
HammockRefle Kikuya

お知らせ

「もみじ市出店者の“YEARS”」年表を元にインタビュー※9/16更新※

今年のもみじ市のテーマは「YEARS」! ということで、出店者のみなさんの年表記事をお届けします。あの作家さん、このお店の方がどんな日々を過ごしてきたのか、インタビューしてまいりました。もみじ市の出店者さんですもの、それぞれの年表は個性にあふれております。毎日更新していきますので、どうぞお楽しみに。

9/16(月・祝)のもみじ市出店者の“YEARS”!


溢れる色彩、水紋のような模様、優しく包み込むような作品を生み出す『ガラス作家・竹中悠記』。パート・ド・ヴェールという技法使い、まるで万華鏡の中で咲き乱れるような、きらびやかな華を思わせます。その色や模様が生まれる理由を伺いました。
http://momijiichi.com/2019/creators/takenakayuki

 


今にも動き出しそうな、愛らしく伸び伸びとした動物たちを作り上げる、彫刻家・『はしもとみお』。動物が生きている時の姿を木彫にしようと決めた、そのわけとは!? 年表も必見です。
http://momijiichi.com/2019/creators/hashimotomio

 


北海道で目にする自然の風景を題材にしたテキスタイル・ブランド『点と線模様製作所』
デザイナー・岡理恵子さんが「暮らしの中に馴染む布を作りたい」という思いからスタートしました。誰かの心に寄り添う模様作りの原点を紐解きます。
http://momijiichi.com/2019/creators/tentosen

 

《もみじ市出店者の“YEARS”》更新した出店者さんはこちら!

【CRAFT】
安達知江
今江未央
竹中悠記
noriyukiwatanabe
はしもとみお
廣田哲哉
八重樫茂子

【ILLUST/DESIGN】
admi
点と線模様製作所

【FOOD】
ハナイグチ
ヘブンズテーブル

【BREAD】
onkä
Kepobagels

お知らせ

「もみじ市出店者の“YEARS”」年表を元にインタビュー※9/15更新※

今年のもみじ市のテーマは「YEARS」! ということで、出店者のみなさんの年表記事をお届けします。あの作家さん、このお店の方がどんな日々を過ごしてきたのか、インタビューしてまいりました。もみじ市の出店者さんですもの、それぞれの年表は個性にあふれております。毎日更新していきますので、どうぞお楽しみに。

9/15(日)のもみじ市出店者の“YEARS”!


心地よい空間と季節を感じさせる彩り豊かなお料理で、お腹も心も満たしてくれる『ハナイグチ』。家具屋さんからのハナイグチへの道筋は驚きです。ぜひ、ご覧ください。
http://momijiichi.com/2019/creators/hanaiguchi


デザイナー・堀千春が立ち上げたテキスタイルブランド『admi(アドゥミ)』。ふわりと柔らかい肌触りのインド綿に堀さんが描く花々が見事にマッチしています。“人”と“人”のつながりから始まったadmiのサクセスストーリーを、どうぞお楽しみください。
http://momijiichi.com/2019/creators/admi

おやつにもお食事にもってこい! もちもちでムチムチのベーグル専門店『Kepobagels』。店主・山内さんに開業までの道のりやオリジナル和ベーグル誕生の秘密を伺いました。着想がおもしろいです!
http://momijiichi.com/2019/creators/kepobagels

《もみじ市出店者の“YEARS”》更新した出店者さんはこちら!

【CRAFT】
安達知江
今江未央
noriyukiwatanabe
廣田哲哉
八重樫茂子

【ILLUST/DESIGN】
admi

【FOOD】
ハナイグチ
ヘブンズテーブル

【BREAD】
onkä
Kepobagels

お知らせ

もみじ市出店者の“YEARS”! 年表を元にインタビューしました

今年のもみじ市のテーマは「YEARS」! ということで、出店者のみなさんの年表記事をお届けします。あの作家さん、このお店の方がどんな日々を過ごしてきたのか、インタビューしてまいりました。もみじ市の出店者さんですもの、それぞれの年表は個性にあふれております。毎日更新していきますので、どうぞお楽しみに。

9/14(土)のもみじ市出店者の“YEARS”!

今回初のもみじ市登場となる陶芸家・『廣田哲哉』。ファニーな表情をたたえた顔のある “イキモノのうつわ”を、生み出しています。作家としての揺るぎない意思と、思わずクスッとしてしまうようなエピソードをご堪能ください。

食パン、ホットドッグ、チョココロネ……様々な世代のお客さまが、思い思いのパンを求めてやってくる、世田谷・経堂のまちかどにあるベーカリー・『onkä』
店長・下山亜紀子さんに、パンとの出会いやパン屋になるまでの道のりを伺いました。年表に書かれている上京のきっかけをチラっと見てほしいです。

安達知江

キルンワークという技法を使って、ガラスのオブジェや器など、心の奥へ訴えかけるような作品を生み出すガラス作家・『安達知江』!
安達さんの年表は、なんと“ガラス作家への道遍”と“人生の彩り遍”の2種類ありますよ。必要不可欠な存在が明らかになります。必見です!

《もみじ市出店者の“YEARS”》更新した出店者さんはこちら!


安達知江
今江未央
noriyukiwatanabe
廣田哲哉
八重樫茂子
onkä
ヘブンズテーブル

お知らせ

もみじ市出店者の“YEARS”! 年表記事公開スタート

今年のもみじ市のテーマは「YEARS」! ということで、出店者のみなさんの年表記事をお届けします。あの作家さん、このお店の方がどんな日々を過ごしてきたのか、インタビューしてまいりました。もみじ市の出店者さんですもの、それぞれの年表は個性にあふれております。毎日更新していきますので、どうぞお楽しみに。

トップバッターは、もみじ市2019のポスターにもなった『ヘブンズテーブル』!
もみじ市には、第1回目からのご出店で皆勤賞。酵母から手作りしているため、素材の味がぎゅっと詰まったパンを作り続けています。ヘブンズさんの転機はいつだったのか。ぜひ、ご覧ください。

もみじ市初出店の『noriyukiwatanabe』! 古木に針金、錆びトタンなどの古材を新しい造形物として蘇らせるnoriyukiwatanabeさん。作家として活動していこうと決めた転機とは? watanabeさんの紆余曲折っぷりをご堪能ください。必見です。

季節のお花や野菜、美味しそうなお菓子など、色とりどりの絵付けで、もみじ市ブースを華やかに色付けてくださる陶芸家『今江未央』! 転機の時にいつも背中を押してくれた言葉とは!?

シンプルなデザインは洋服を選ばず、ひとたび手にすれば、その気持ちよさに脱帽! 織物作家『八重樫茂子』! おばあちゃんになってから始めるはずだった織物なのに、気づけばその道に足を踏み入れてしまったそのわけとは。 

《もみじ市出店者の“YEARS”》更新した出店者さんはこちら!
ヘブンズテーブル
noriyukiwatanabe
今江未央
八重樫茂子

お知らせ

ステージスケジュール発表!

来場してくれた方への心からのプレゼント。今年のライブもきっとみなさんに「来て良かった!」と感じさせてくれるはず! 河川敷で絶対に見たいステージラインナップ、最後の最後までお楽しみください。

【12日(土)】
12:00〜 コトリンゴ空を覆う歌声と降り注ぐ音階。コトリンゴさんのライブで幕を開けるもみじ市の幸せは、きっと何年経っても忘れない。ピアノも歌い出すようなエモーショナルなステージで、みなさんも一緒にコーラスしましょう!

13:30〜 Dear Scots!

John John Festivalのjohn*さんとトシバウロンさんに強力な助っ人が加わって、今年のもみじ市のために誕生した特別ユニット! 弦楽器と打楽器で奏でるトラッドミュージック。もしかしたら、歴史的な瞬間に立ち会えるのかもしれません。

15:00〜 高野寛伸びやかな歌声とすっと体に染み込んでくるメロディー。シンガーソングライター・高野寛の手にかかれば、河川敷の日常にストーリーが現れてきます。夕暮れ前の河川敷で、“ささやかな素敵”を感じてください!

 

【13日(日)】
11:30〜 山崎ゆかり(空気公団)

「空気公団」の第3期としてソロを中心とした活動がはじまりました。芯が強くて表情豊かな山崎さんのヴォーカルに、しぜんと肩を揺らしてしまうはず。アーティスティックなステージをぜひ目の当たりにしてください!

13:00〜 栗コーダーカルテット

河川敷にリコーダーの音が聞こえてきたら、もうあなたはステージに吸い寄せられているはず。ユーモアたっぷりのステージは、大人も子どもも虜にしてしまいます。“あの”フレーズをお聴き逃しなく!

14:30〜 tico moonこの2人の奏でる音に乗って現れるのは、もみじ市のありとあらゆる情景。tico moonの演奏でフィナーレを迎えること、それは何にも代え難い幸せな時間。最後までたっぷりとtico moonの世界に浸ってください!

【もみじ市 ステージスケジュール】
◎12日(土)
12:00〜 コトリンゴ
13:30〜 Dear Scots!
15:00〜 高野寛

◎13日(日)
11:30〜 山崎ゆかり(空気公団)
13:00〜 栗コーダーカルテット
14:30〜 tico moon

お知らせ

公式サイトオープン! 今年のテーマは「YEARS」です

今年ももみじ市の季節が近づいてきました。年に一度、私たちが愛してやまない作り手たちが河川敷に集って開かれる、人呼んで「大人の文化祭」。調布市は同じ10月、ラグビーのワールドカップで盛り上がりそうですが、こちらも負けてはいられません。どちらも本気のぶつかり合い。総勢97組の作家やお店、アーティストが、“One for All,All for One”の精神で河川敷を湧かせます。もみじ市の“One”とは、会場に来てくれるあなた。“All”はもみじ市を心から楽しむすべての出店者と来場者。もみじ市を愛するという点では常にノーサイドでまいりましょう!

今年のテーマは「YEARS」。2006年に産声を上げ、13年にわたり様々な“YEARS”を積み重ねてきたもみじ市と同様に、出店する作り手たちにも、現在の“位置”に至るまでに積み重ねてきたYEARSがあるはずです。新しい時代を迎えるこの2019年のもみじ市を、河川敷に集う作り手たちそれぞれの年輪が見えてくるような、そんな場にできればという願いを込めました。そして、今回制作した3種類のポスターとフライヤーには、5組の出店者が登場する、3つのYEARSを巡る物語が投影されています。1カットの中にも深淵なストーリーを感じさせる今回の写真は、フォトグラファーの加藤新作さんに撮影いただきました。手紙舎の各店舗や出店者のお店などで間も無く配布予定です。

YEARSに因んで、出店者紹介ページでは、各出店者のドラマチックな年表を公開予定。随時公開していきますので、どうぞお見逃しなく!

お知らせ

もみじ市出店者の“YEARS” 更新中!

今年のもみじ市のテーマは「YEARS」! ということで、出店者のみなさんの年表記事をお届けします。あの作家さん、このお店の方がどんな日々を過ごしてきたのか、インタビューしてまいりました。もみじ市の出店者さんですもの、それぞれの年表は個性にあふれております。毎日更新していきますので、どうぞお楽しみに。

9/17(火)のもみじ市出店者の“YEARS”!


今やもみじ市でも大人気のハンモックリフレ『HammockRefle Kikuya』。ハンモック×リフレクソロジーという、新しいリラクゼーションの形を構築してきた軌跡をお伺いしました。
http://momijiichi.com/2019/creators/hammockrefle-kikuya


自然本来の味をしっかりと感じることのできる天然酵母を使った『きりん屋』のパン。自然体でいながら、力強くまっすぐな、店主・赤畠由梨枝さんに、パン作りのきっかけや想いを教えていただきました。
http://momijiichi.com/2019/creators/kirinya

 


ご夫婦で日本各地の古道具や古雑貨、古家具を集め、骨董市などで活躍中の『houti』。お二人が自分たちのペースで歩んでいる秘訣をお聞きしました。
http://momijiichi.com/2019/creators/houti

《もみじ市出店者の“YEARS”》更新した出店者さんはこちら!

【CRAFT】
安達知江
今江未央
竹中悠記
noriyukiwatanabe
はしもとみお
廣田哲哉
八重樫茂子

【ILLUST/DESIGN】
admi
点と線模様製作所

【ANTIQUE】
houti

【FOOD】
ハナイグチ
ヘブンズテーブル

【BREAD】
onkä
きりん屋
Kepobagels

【ENTERTAINMENTetc.】
HammockRefle Kikuya